時間を表現するドイツ語まとめ:Uhr, halb, Viertel, vor, nach…

 

 

ドイツ語で時刻を言い表す方法って、結構ややこしいよね〜
そうだね。よく使われる言い方は大きく分けて3つかな。簡単に整理してみようか。

 

 

今回は、ドイツ語で時刻を表現する方法をまとめました。

 

時間表現:基本ルール

時間の主語は”es”:”それ”

日本語は「9時です」と主語(〜が・は)なしで時間が言い表せる便利な言葉です。

 

ドイツ語では「です:sein動詞」の形が主語によって変化するため、何かしら主語を逐一考える必要が出てきます。例えば、ich(私は)だったらbin、du(君は)だったらbist….など。表で覚えたことのある方も多いのではないでしょうか◎

 

ドイツ語では時間を表すとき『es:それは』を主語として用います。とりあえず何か入れないと動詞の形が定まらないので、意味は特になく訳さない主語ですね(^^)

 

英語でもそういえば”it”を使うんだよね
時間だけでなく、天気を表すとき(「晴れです」「雨です」など)も”es”を使うんだけど、その話はまた今度!

 

 

確認:「いま何時」をドイツ語で

「そういえばなんていうんだっけ…」となる方も多いのではないでしょうか。

 

  1. Wie spät ist es?:ヴィー シュペートゥ イスト エス
  2. Wieviel Uhr ist es?:ヴィーフィール ウアー イスト エス

 

日常で使うのは①がほとんどなので、とりあえず①を押さえれていたら問題ないです◎それに対して②は少しオフィシャルな場で使われる言い方になります。

 

対で覚える形容詞spät:遅れている、(時間的に)遅い

⇆ früh:(時間的に)早い

 

 

“Wie spät ist es?”は直訳すると「それ(時間)はどのくらい遅れてますか?」になるんだよね。

 

 

簡単:”Uhr”で全ての時間を表現

基本的に、<〜Uhr…> (読み方:ウアー)という言い方を覚えていれば、自分で話すことに限っては何とでもなります。

 

6時です。

▶︎ Es ist 6 Uhr.

 

6時20分です。

▶︎ Es ist 6 Uhr 20.

 

日本語では、「6時20分」という形で最後に「分」をつけなければなりませんね。

それに対して、ドイツ語では 真ん中に Uhr を挟むだけで、Minute などはつけなくていいことに注意してください。

 

デジタル時計で表された「6:20」の「:」をUhr に変えただけ、とイメージすればいいかも!

 

練習問題:Wie spät ist es?

A. Es ist 9(neun) Uhr.(9:00)

 

 

以下、本記事でも紹介しているように vor, nach, Viertel などを使った色々な言い方がありますが、自分で時間を表現するとき、特に慣れないうちはとりあえずこの Uhr を使って表すのがいいんじゃないでしょうか◎

相手の表現している時間を理解するために次に紹介する色々な言い方は必要な場面が出て来るかもしれませんが、自分自身が数字を伝えるときにはじめから無理して使う必要は特にないので、ご安心を(^^)

 

数字の言い方はここから復習してね:「31」がドイツ語で言えますか?数字の言い方まとめ

 

 

 

nach(〜分後)と vor (〜分前)

<…Uhr 〜>は、素直に「…時〜分」という言い方で時刻を表す方法でした。

そのほかに、…時の〜分後(前)という言い方もできます。

ここで使用するのは、前置詞 nach と vor です。

 

覚えよう!

〜 nach … : …時の〜分後

〜 vor … : …時の〜分前

 

[読み方] フォア|ナッハ

 

細かな数字

zehn nach eins 1時の10分後(= 13:10)

fünf vor neun 9時の5分前(= 8:55)

 

※ vor やnachを使って表現するときは、Uhrは要らないので注意!

 

 

Q. なんで13時なのに”1″時なの?

A. nachやvorを使って時間を表すとき、ドイツ語では1〜12の数字を使います◎ なので13時=1時となるわけですね^^

 

 

確かに日本語でも”13時”と表記するけれど話すときに「じゅうさん」ってわざわざ言わないよね
だよね!ちなみに、ドイツ語ではテキストで書くときも”1″というように、1〜12内で表記するよ

 

 

練習問題:Wie spät ist es?

A. Es ist fünf nach sechs./Es ist sechs Uhr fünf.(6:05)

 

A. Es ist zehn vor drei./Es ist zwei Uhr fünfzig.(2:50)

 

Viertel(15分)

英語でいう”quater”、つまり「4分の1」という意味を持つのがドイツ語の”Viertel”(読み:フィアテル)です◎これもnach, vorと組み合わせて使います。

 

Viertel nach eins:1時の15分後(=13:15)

Viertel vor neun:9時の15分前(=8:45)

 

 

Q. “13”ではなく”1″を使うのはわかったけど、じゃあ”13″を強調したいときはどうするの?

A. 例えば「昼の1時に会おう!」という風に「昼」をつけて表すよ◎:Lass uns (uns) Mittag um Viertel vor 1 treffen!

 

 

 

練習問題:Wie spät ist es?

A. Es ist Viertel nach acht./Es ist acht Uhr fünfzehn.(8:15)

 

 

 

halb(…時半)

日本語と同じように、〜時30分のことを「〜時半」というように別の形で表すこともできます。

 

覚えよう!halb … :…時の30分前

[読み方] ハルプ

 

ここで注意です!

日本語の…時半は、…時の30分を表すのに対し、<halb …>は、…時の30分前を意味しています。

halb sechs = 6時の30分前(=5:30)

 

halbは「半分」という意味(英語の half に対応)だから、「6時の半分」= 5時半 という意味で捉えてもいいかもね!

 

練習問題:Wie spät ist es?

A. Es ist halb elf.(10:30)

 

2019年センター試験『ドイツ語』でも”halb”を問う問題が出てきていました(^0^)

ぜひチャレンジしてみてね:センター試験『ドイツ語』第4問

 

 

 

チャレンジ:練習問題

今まで小出しにしてきた練習問題を、ここにまとめておきます◎分からなかったところはぜひ復習してみてくださいね(^0^)

 

レベル★☆☆☆☆

A. 答えはここから

 

レベル★★☆☆☆

A. 答えはここから

 

レベル★★★☆☆

A. 答えはここから

 

レベル★★★★☆

A. 答えはここから

 

レベル★★★★★

A. 答えはここから

 

 

 

まとめ:ドイツ語で時間を言う

以上、時刻の表し方を大きく分けて3つ紹介しました。

①何時何分

…Uhr〜:…時〜

 

②何分前、何分後(主に1-15分前に使う)

〜 nach … : …時の〜分後

〜 vor … : …時の〜分前

 

③halb、viertel

halb … :…時の30分前

viertel 〜 :〜時の45分前

 

 

時刻を表す表現は日常会話でもかなりよく使うフレーズですので、この機会におさえておけるといいですね♪

 

 

この記事を書いた人:

 凡さんす

「勉強」や「学問」頑張る人向けに文章書いてる大学4年生のブロガー・ライターです。来年秋から、英国エセックス大学の修士課程で紛争解決学の研究をしてきます。趣味でドイツ語を学び、勉強開始から3ヶ月で独検4級取得。

Twitter(@academicocktail

ブログ「学問のカクテル」:「勉強」が好きな方は気に入っていただけると思います。ジャンルは政治ニュース、哲学、大学院留学準備など。

お仕事の依頼はTwitterかenjoyscholarship@gmail.comまで!

 

編集:komachi

 

 


 

 

Vollmondではドイツ語オンラインレッスンサービスを展開しています🌙

ひとりでは勉強が捗らない…誰かに教えてもらいたいけど教室に通う余裕がない…新しい趣味でドイツ語をはじめたい!なんて方はぜひ一緒に、楽しくドイツ語を勉強しましょう^^

 

Vollmondでドイツ語を学ぶ