ドイツでクリスマスを楽しもう!クリスマス関連のドイツ語を厳選紹介

 

 

 

ドイツでクリスマスを楽しみたいんだけど、どんな単語を覚えたら良いかな?
うーん、たくさんあるけど、いくつか手始めに覚えたい言葉をイラストと一緒に紹介していくね!

 

やった〜!よろしく〜♪

 

 

クリスマスがわかればドイツがわかる…とまでは言わないけど

キリスト教文化圏であるドイツでは、日本よりもずっとクリスマスが盛んであり、12月はクリスマスに紐づいた行事で国中が活気付きます。

 

日本と違うのは盛り上がり具合だけではありません。

 

・子供達は25日だけでなく、12月6日にもプレゼントをもらえたり。

・クリスマスツリーは生木を使うところも。

・ガチョウの丸焼きを食べたり。

 

などなど、ドイツのクリスマスには、日本とは異なる風習がたくさん!

 

ですので、クリスマスに関する言葉を理解することは、ドイツ滞在を楽しむためにも、ドイツの文化に馴染むためにも、とても重要なことなのです◎

 

ということで、今回は、ドイツにおけるクリスマス文化を簡単に解説しつつ、クリスマスに関連するいくつかの重要なドイツ語単語・フレーズを紹介していきます♪

 

前半では、とくに基礎的で大事なクリスマス関連のドイツ語・文化を6つ紹介していくよ!

 

 

 

「メリークリスマス!」はドイツ語で?

まずは一番大事(?)な言葉から!

 

ドイツ語で「メリークリスマス!」は、

 

Frohe Weihnachten

もしくは、

Fröhliche Weihnachten!

といいます。

 

 

それぞれの単語の意味は、

Froh(楽しい)

fröhliche(喜ばしい)

Weihnachten(クリスマス)

です。

 

 

毎日ドキドキ♪:AdventsKalender (アドベントカレンダー)

AdventsKalender(アドベントカレンダー※アドベンツカレンダーとも)とは、クリスマスまでの日数を数えるためのカレンダーのことです。

 

12月1日から24日までの「窓」がついており、一日一回開けて中身を見る仕組みになっています。

開けた時にイラストが出てくるシンプルなものもあれば、お菓子などのちょっとしたプレゼントが入っている手の込んだ作品もあります。

 

例えば、下の動画で紹介されているアドベントカレンダーは、開けたらチョコレートが出てくるものです。

クリスマスまでの4週間、ワクワクしながら1日1回カレンダーを開ける慣習って、すごく素敵ですね♪

 

「『アドベントカレンダー』の『アドベント』ってそもそも何?」という点については、こちらの記事を→ドイツでよく聞く「アドベント」とは一体?

 

 

 

ほんものの木を植える?:「クリスマスツリー」を表すドイツ語

日本語の「クリスマスツリー」にあたる言葉は、Weihnachtsbaumといいます。

 

Weihnacht(クリスマス)+Baum(木)= Weihnachtsbaum(クリスマスツリー)

なので、とても簡単に覚えられますね!

 

ドイツではクリスマスに本物のもみの木(Tannenbaum)を飾る習慣があったりもします◎

クリスマスが近づくとみんな一気に生木を買って、終わったら捨ててしまうので、環境問題的な記事を目にしたりしなかったり…(^◇^;)

 

 

 

奥の深い「サンタクロース」の世界

クリスマスといえばサンタクロース🎅

“サンタさん”に関連するドイツ語の単語を3つ、紹介します。

 

Weihnachtsmann(サンタクロース)

まず、サンタクロースを表すドイツ語は「Weihnachtsmann」です。

Weihnacht(クリスマス)+ Mann(男の人)= Weihnachtsmann(サンタクロース)

 

単語同士をくっつけてひとつの単語を作るとき、”s”をつなぎの言葉として使うことが多くあるんだ◎

 

ところで、日本でも有名な「サンタクロース」ですが、もともとどうやって誕生したのか知っていましたか?

 

ということで次は、「サンタクロース」の起源に関係する単語を紹介します。

 

 

Nikolaustag(ニコラウスの日, 12月6日)

ドイツでは、12月6日のことを「Nikolaustag」(ニコラウスの日)呼びます。

ニコラウスは、3世紀に活躍した聖職者の聖ニコラウスを指しているのですが、彼こそがサンタクロースのモデルになった人物です。※サンタクロースの起源には諸説あります。

 

慈悲深い人物であったニコラウス。

 

ある日家計に苦しむ3姉妹の存在を知った彼は、煙突からその家にお金を投げ入れます。

すると、その袋が暖炉横にあった靴に入りました。

 

このニコラウスの逸話にちなんだ風習が、現在のNikolaustagです。

12月6日、子ども達が長靴を磨いて玄関に置いておくと、ニコラウスが来て中にお菓子を入れてくれます^^

 

 

Ruprecht(悪い子のところに行くサンタ)

ちなみに、この「ニコラウスの日」に関しては

「良い子にしていないと、ニコラウスからお菓子をもらうことはできず、その代わりに”悪いサンタ”が招いてしまう」

という迷信があります。

 

この”悪いサンタ"は、名前を「Ruprecht」(ルプレヒト)といい、イケない子のところに来てお菓子ではなく灰を置いていくそうです。

 

子ども達がルプレヒトを怖がって、12月6日が近づくと良い子が増えるんだとか(笑)

 

※オーストリアではKrampus(クランプス)と言うそうです。

 

 

 

Heiligabend(クリスマスイブ)

 

12月24日クリスマスイヴは、「Heiligabend」という単語で表現されます。

 

Heilig(聖なる)+ Abend(夜)= Heiligabend(聖なる夜 = クリスマスイヴ)

 

とくに、「am Heiligabend」(クリスマスイヴに)というフレーズでよく用いられるので、しっかり覚えておきましょう!

 

クリスマスイヴに残業なんてしたくなかった。

Ich wollte am Heiligabend keine Überstunden machen.

※Überstunden (残業)

 

ドイツではクリスマス休暇という日本でいうところの「お正月」があってみんな休むのでこんな状況はまあ無さそうだけどね…^^;

 

Weihnachtsferien(クリスマス休暇)にはスーパーをはじめ色んなお店は一気に閉まるし、Weihnachtsmarkt(クリスマスマーケット)も肝心のクリスマスにはやってなかったりするもので、文化っておもしろいですよね◎

 

 

 

クリスマスソング:Weihnachtslied/lieder

「クリスマスソング」を意味するドイツ語は、「Weihnachtslied」といいます(中性名詞)。※複数形は、Weinachtsliederです!

 

日本と同様、ドイツにもたくさんクリスマスソングがありますが、その中でも人気な歌の一つ、「O Tannenbaum」の動画を下に貼っておきますね。

 

ん、『Tannenbaum』って、どんな意味だったかな?
正解は、「もみの木」だよ!

 

 

記事の前半で紹介した単語なので、忘れていた方は復習しておきましょう♪

ご存知な方も多いと思いますが、実はこの曲、「もみの木」という名前で日本語バージョンも出ています。

 

日本とドイツの文化って、案外身近なところで繋がっているんだね!

 

 

 

その他:覚えておきたいクリスマス関連のドイツ語

以上、クリスマス関連の基礎的な言葉・文化を6つ紹介してきました!

今回詳しく解説しきれなかった言葉の中でも、以下に挙げる単語は、クリスマスに関係の深いドイツ語として覚えておくといいと思います♪

 

Weihnachtsgans(ガチョウの丸焼き)

クリスマスに食べるガチョウの丸焼きは、Weihnachtsgansという単語で表されます。

 

Weihnacht (クリスマス)+ gans(ガチョウ)= Weihnachtsgans

発音が「ヴァイナハツガン”ツ”」と聞こえるのが印象的です◎

 

 

Krippe(クリッペ)

キリストが誕生した時のシーンを人形などで表したものです。

クリスマスカードや、クリスマスの時期の家庭内でよく見かけます。

 

 

Weihnachtsgeschenk(クリスマスプレゼント)

「クリスマスプレゼント」のことは、Weihnachtsgeschenkといいます(長い)。

Geschenk(プレゼント)にWeihnacht(クリスマス)= Weihnachtsgeschenk(クリスマスプレゼント)

 

ちなみに、Geschenk(プレゼント)は、Schenken(を贈る)という動詞から派生していることを意識すれば、覚えやすいはず!

 

 

Schneemann(雪だるま)

雪だるまのことは、「Schneemann」といいます。

雪だるま作ろう?

Willst du einen Schneemann bauen?

 

 

 

おわりに

今回は、クリスマス関連のドイツ語の単語を紹介しました!

これらの言葉は、12月にドイツに行けば、あちこちで見聞きすることになるはずです♪

 

Vollmondオンラインショップにてデータ販売を行っているのでフルバージョンはこちらよりご購入をよろしくお願いします◎

 

 

カラーもあります◎

 

ぜひ、覚えて使ってみてください^ ^

 

それでは、Fröhliche Weihnachten!🎄

 

 

この記事を書いた人:凡さんす

「勉強」や「学問」頑張る人向けに文章書いてる大学4年生のブロガー・ライターです。来年秋から、英国エセックス大学の修士課程で紛争解決学の研究をしてきます。趣味でドイツ語を学び、勉強開始から3ヶ月で独検4級取得。

Twitter(@academicocktail

ブログ「学問のカクテル」:「勉強」が好きな方は気に入っていただけると思います。ジャンルは政治ニュース、哲学、大学院留学準備など。

お仕事の依頼はTwitterかenjoyscholarship@gmail.comまで!

One thought on “ドイツでクリスマスを楽しもう!クリスマス関連のドイツ語を厳選紹介

この投稿はコメントできません。