ドイツ語の接続詞、まとめてマスターしよう!

 

Hi! 最近どう?ドイツ語の勉強、楽しんでる?
Hallo! ドイツ語、頑張って勉強してるよ~!だって夏にドイツへ行くんだもん!

 

いいね~!じゃあ、今の文をドイツ語で言ってみようか!

 

接続詞ってどんなの?

例えば、

 

ドイツ語、頑張って勉強してるよ~!
夏にドイツへ行くんだ!

 

と続けて言われれば、2番目の文(「夏にドイツへ行く」)が、最初の文(「ドイツ語を頑張って勉強している」)の理由であることは、文脈からわかると思います。

このように、単純に文を並べて相関関係を表すこともできますが、冒頭の会話で

 

ドイツ語、頑張って勉強してるよ~!だって夏にドイツへ行くんだもん!

 

とネコさんが言ったように、「だって」をはさめば、「夏にドイツへ行く」ことが、「ドイツ語を頑張って勉強している」理由であることが、よりわかりやすくなりますね。

このように、文と文をつないで、それらの関係やつながりをはっきりとさせるのが、「接続詞」の役割です。

 

ドイツ語の接続詞には、「種類」がある!

今回は、ドイツ語の接続詞とその仲間、合計3種類を取り上げて説明していきます。

 

①並列接続詞:主文と主文をつなげる。

②従属接続詞:主文と副文をつなげる。

③接続詞的副詞:主文と主文の関係を示す、接続詞のような働きをする。

 

ちょっと待って!「主文」とか「副文」って…何だっけ?
それぞれの詳しい説明に入る前に、おさらいしておこうか!

 

 

「主文」と「副文」

「主文」:独立している、メインの文。文の構成は1:前半部-2:動詞-3:後半部」。前半部には主語や文のテーマになる成分(時間や場所など)が一つだけ入り、後半部にはその他の成分が入る。動詞は必ず2番目の要素とする(「定動詞第二位」の規則)。最も基本的な構成は主語-動詞-その他」

「副文」:主文にくっつく(従属する)、サブの文。主文の目的語になったり、主文の内容を詳しく説明したりする。主文の一つの成分なので、副文だけでは完全な文になれない。副文内では動詞は最後に置く。

 

例:「(A) ドイツ語、頑張って勉強してるよ~! (B) だって夏休みにドイツへ行くんだもん!」

(B)だけでは文として成立せず、また(B)は(A)を説明していますね。このことから、(A)が主文、(B)が副文であることがわかります。

そのほか、副文の詳しい使い方やルールは、ここもチェックしてみてください。

 

 

それぞれの接続詞の使い方

ここからは、3つの接続詞の種類ごとに、文の作り方を詳しくみていきましょう^^

 

①並列接続詞

並列接続詞は、主文Aと主文Bの間に入ってそれらをつなぎあわせます。仲介役のような存在で、AとBのどちらの文の成分でもなく、独立しています。

 

○例文1○

(A) Ich lerne Deutsch.

(B) Meine Mutter lernt Englisch.

(A) 私はドイツ語を勉強している。

(B) 母は英語を勉強している。

 

AとBをund(そして)でつなぐと…↓

Ich lerne Deutsch und meine Mutter lernt Englisch.

私はドイツ語を勉強していて、そして母は英語を勉強しています。

 

○例文2○

(A) Kommst du mit?

(B) Bleibst du noch?

(A) 君は一緒に来る?

(B)君はまだここに残る?

 

AとBをoder(それとも)でつなぐと…↓

Kommst du mit, oder bleibst du noch?

一緒に来る?それともまだここに残る?

 

語順をおさえよう!(主文A)主語-動詞-その他+並列接続詞+(主文B)主語-動詞-その他

 

前の文も後ろの文も語順はそのままなんだね◎
そう!並列接続詞は独立していて、前後どちらの文の語順にも干渉しないスタンスなんだよ。

 

 

②従属接続詞

従属接続詞は、主文Aに、理由、条件、結果、時系列などの情報をもつ副文Bをつなぎあわせます

 

○例文1○

(A) Ich lerne fleißig Deutsch.

(B) Ich fahre im Sommer nach Deutschland.

(A) 私は頑張ってドイツ語を勉強している。

(B) 私は夏にドイツへ行く。

 

AとBをweil(なぜなら)でつなぐと…↓

Ich lerne fleißig Deutsch, weil ich im Sommer nach Deutschland fahre.

ドイツ語、頑張って勉強してるよ~!だって夏にドイツへ行くんだもん!

 

○例文2○

(A) Es freut mich sehr!

(B) Ihr lernt Japanisch.

(A) それはとても嬉しい!

(B)君たちは日本語を勉強する。

 

AとBをdass(~ということは)でつなぐと…↓

Es freut mich sehr, dass ihr Japanisch lernt!

君たちが日本語を勉強してるのは、とっても嬉しいよ!

 

こうやって言えばよかったんだね!weilやdassみたいな従属接続詞は副文を連れてくる、そして副文内では動詞は最後、っと…
うんうん、覚えておいてね!ところで、従属接続詞の場合は、副文を前に出せる場合もあるよ!

 

○例文1を書き換え○

Ich lerne fleißig Deutsch, weil ich im Sommer nach Deutschland fahre.

Weil ich im Sommer nach Deutschland fahre, lerne ich fleißig Deutsch.

夏にドイツへ行くから、ドイツ語を頑張って勉強してるよ!

 

○例文2を書き換え○

Es freut mich sehr, dass ihr Japanisch lernt!

Dass ihr Japanisch lernt, freut mich sehr!

君たちが日本語を勉強してるのは、とっても嬉しいよ!

 

wenn文以外の副文が前に出されると、主文の形式主語esは不要になるため省かれます。

 

副文→主文のときは、副文の直後に主文の動詞を置くのはなんでか覚えてる?
文全体で考えると、副文が1番目、主文の動詞が2番目の要素だから!

 

正解~!まとめるとこうなるよ。副文の中では必ず動詞は最後、文全体では動詞が必ず2番目に来ていることに注意してね。

 

 

語順をおさえよう!主文→副文の場合

(主文A)主語-動詞-その他+従属接続詞+(副文B)主語-その他-動詞

副文→主文の場合

従属接続詞+(副文B)主語-その他-動詞+(主文A)動詞-主語-その他

 

 

 

③接続詞的副詞

接続詞的副詞は、文と文のあいだに意味上のつながりを持たせるために使われる副詞です。接続詞的副詞を含む文の中では、「動詞が2番目」のルールは変わりません。

 

○例文1○

(A) Er wohnte in Yokohama.

(B) Er kann sehr gut Japanisch.

(A) 彼は横浜に住んでいた。

(B)彼は日本語がとてもよくできる。

 

AとBをdeshalb(そういうわけで)でつなぐと…↓

① Er wohnte in Yokohama. Deshalb kann er sehr gut Japanisch.

② Er wohnte in Yokohama. Er kann deshalb sehr gut Japanisch.

彼は横浜に住んでたんだ。だから日本語がとってもうまいんだよ。

 

あれっ?deshalbの位置はどっちでもいいの?Warum(どうして)?
接続詞的副詞は、それ自体が文の一要素なので、文頭または動詞後ろ(近く)のどちらに置いてもよい場合がほとんどなんだよ。それから、接続詞的副詞は従属接続詞ではないから、副文を導くことはないんだ。

 

副文じゃない…ってことは、接続詞的副詞から始まる文は、動詞が最後にはならないんだ!
そう!„… deshalb er sehr gut Japanisch kann.“ のようにしないようにね◎

 

„… deshalb er kann sehr gut Japanisch.“ も間違いってことかぁ…!

 

○例文2○

(A) Deutsch ist keine einfache Sprache.

(B) Ich will Deutsch lernen.

(A) ドイツ語は簡単な言語ではない。

(B) 私はドイツ語を勉強したい。

 

AとBをtrotzdem(それにもかかわらず)でつなぐと…↓

① Deutsch ist keine einfache Sprache. Trotzdem will ich es (=Deutsch) lernen.

② Deutsch ist keine einfache Sprache. Ich will es trotzdem lernen.

ドイツ語は簡単な言語じゃないけれど、それでも勉強したいの。

 

 

語順をおさえよう!(主文A)主語-動詞-その他+(主文B)接続詞的副詞動詞-主語-その他

または

(主文A)主語-動詞-その他+(主文B)主語-動詞接続詞的副詞-その他

 

 

 

種類別・主な接続詞類

文の作り方はわかったけど、どれがどれだかわからないよ~!
接続詞の種類は、上で見てきたように例文を通して覚えるのがベストだけど、まとめもほしいよね!

 

並列接続詞まとめ

aber doch denn oder und
しかし というのは または そして

 

○例文○

Ich lerne Deutsch und meine Mutter lernt Englisch.

私はドイツ語を勉強していて、そして母は英語を勉強しています。

 

並列接続詞はこれだけなので、覚えられそうですね◎

 

主な従属接続詞まとめ

dass ob während wenn
だけど ~かどうか ①~している間に

②~する一方で

①~するとき

②~ならば

falls als bevor bis
~の場合に ~したとき ~する前に ~まで
nachdem sobald seitdem soweit
~した後で ~するとすぐに ~して以来 ~である限り
weil da sodass obwohl
~なので ~なので その結果~ ~であるけれども
damit indem wie als ob
~するために ~することで ~のように まるで~であるかのように

 

○例文○

Ich lerne fleißig Deutsch, weil ich im Sommer nach Deutschland fahre.

ドイツ語、頑張って勉強してるよ~!だって夏にドイツへ行くんだもん!

 

 

主な接続詞的副詞まとめ

dann sonst also deshalb
その場合には そうでなければ だから そういうわけで
trozdem außerdem dagegen dadurch
それにもかかわらず それに加えて それに対して それによって

 

○例文1○

① Er wohnte in Yokohama. Deshalb kann er sehr gut Japanisch.

② Er wohnte in Yokohama. Er kann deshalb sehr gut Japanisch.

彼は横浜に住んでたんだ。だから日本語がとってもうまいんだよ。

 

 

まとめ

今回は、接続詞の種類とその使い方を解説しました。

接続詞が使えると、自分の伝えたいことが伝えやすくなります。

今回の解説で基本が理解できたら、あとは実際に書いたり話したりして、どんどん使ってみましょう!伝わることが一番大切なので、少しの間違いは気にしなくて大丈夫です。

 

でも、もしも何かがわからなくてモヤモヤしてしまったら、また何度でもこの記事を読み返しにVollmondへ来てくださいね^^

 

 

 

この記事を書いた人:

めい

 

 

 

Vollmondドイツ語講師兼ライター。

ドイツの大学で言語学を専攻。卒業後はメーカーの海外窓口業務を経て、翻訳会社にて日英・独日翻訳及び校正を担当。2018年9月よりオンラインドイツ語講師として活動中。

講師紹介ページ:詳しいプロフィールなどはこちらから◎

Instagram:「ドイツ語を可愛く楽しくまじめに」勉強したい人に!真似して覚えられる発音つき教材も。

Twitter:主に語学、ドイツ語、ドイツ留学について書いています。ハッシュタグ「#いちにちいちどく」で単語も紹介中。

 

 

 

– Vollmondドイツ語レッスン案内 –
【 プライベートコース 】

お好きな講師と1対1目標に向かって着実にドイツ語を勉強できるコースです。みなさんの目的に合わせて講師が授業をカスタマイズし、レッスンは好きなときに好きなだけ受講することができます。レッスンはオンラインで行うので、移動コストや時間を気にせず、のびのびと受講することができます。

プライベートコース詳細

➡︎ プライベートレッスン担当講師一覧

 

【 対面コース 】

お住いの地域の講師と、1対1講師指定のカフェにてドイツ語を勉強できるコースです。みなさんの目的に合わせて講師が授業をカスタマイズします。レッスンは対面で行うので、「直接」ドイツ語に触れながら受講することができます。

対面コース詳細

➡︎ 対面レッスン担当講師一覧

 

【 会話コース 】

1回20分のドイツ語会話レッスンを月5回まで好きなときに受講することができます。講師が毎回変わるので様々なドイツ語に触れることができ、コミュニケーションツールとしてのドイツ語力を鍛えることができます。また、レッスンはオンラインで行うので、移動コストや時間を気にせず、のびのびと受講することができます。

会話コース詳細

➡︎ 会話レッスン担当講師一覧

 

 

学ぶ理由は人それぞれ!

 

一緒にドイツ語を勉強しましょう!

Lass uns zusammen Deutsch lernen!