大切な留意事項4点

 

  • 講師側が電話をかける
  • レッスンは時間通りに行う。(例:15:00~16;00がレッスン時間なら、15時ちょうどにかけ、16時に終われるようにする。)
  • レッスンはWifiが確実なところで行う。(カフェなどうまくいかないことがとても多いです)
  • 講師側は基本顔を出しておいてほしいのですが、生徒さんは本人のしたいようにしてもらってください◎

 

 

スカイプのおすすめ機能: 2つ紹介!

 

メッセージ機能

 

レッスンの際は、生徒さんが聞き取れなかった単語、つまずいた表現などを同時進行で随時メッセージ欄にメモをしていく。

 

ドイツ語を聞くのと同時に、視覚でも情報が入ってくると、より印象に残り、覚えやすい上に、スカイプ上のメッセージとして残っているので、チャットをさかのぼるだけで復習することができます!(講師自身が「あ、先週何したっけな…」ってなった時もすごく便利)

 

▽イメージ画像

 

 

 

画面共有機能

 

レッスンで使う教材・素材をファイルで共有するのもやり方の一つですが、生徒さんがスマホでレッスンを受けている場合、ファイルをうまく開けない可能性があります。画面共有を利用するとその心配はゼロ!

 

重要単語にマーカーを引ける、書き込める、そのファイルを後で生徒さんに送れる、といった点から読解や問題演習をするときなどに特に役立ちます。

・言葉で伝えきれなかった/伝わらなかったときに、さっと画像を見せる、という使い方もできます。

 

▽独検3級レベルの生徒さんと「zu不定詞」をレッスンで一緒にやった時のファイル(pdf)

zu不定詞

 

 

共有画面のやり方

 

スカイプアプリを起動して、通話もしくはビデオ通話を開始

相手が出たら、「。。。」ボタンを押して(「+」の表示の場合もあるようです)、表示されたメ

ニューの「画面を共有…」をクリック

 

 

スカイプの右下に、「デスクトップを共有中」と表示され、画面が共有できます

 

※共有をやめたい場合は、スカイプ画面にマウスを持っていくと、四角が二つ重なったようなマーク(下の画像で赤枠で囲われているところ)があるので、これをクリック。すると共有が解除されます。

 

 

 

▽参考ページ

SkypeでPC画面共有をする方法|Mac/Win

 

 

 

終わり方

 

オンラインなのもあってレッスンを終わる(通話を切る)のがなんとなくぎこちない….という時は参考にしてください◎

 

初級者さん

講師「ではドイツ語でバイバイって何でしたっけ?」

生徒さん「Tschüss!」

講師「Ja, gut, na dann Tschüss!」(手を振る)

生徒さん「Tschüss〜!」

 

中級さん

講師「また来週って何でしたっけ?」

生徒さん「Bis nächste Woche!」

講師「Ok, dann bis nächste Woche und Tschüss!」

生徒さん「Tschüss〜!」

 

上級さん

講師「Dann wünsche ich dir noch einen schönen Tag.」

生徒さん「Danke und gleichfalls!」

講師「Danke! Tschüss!」

生徒さん「Tschüss〜!」