ビーレフェルト大学〜何もないけどそれがいい〜

 

 

ドイツ人も知らないような小さな田舎町に佇むビーレフェルト大学を今日は紹介します◎

 

 

 

街・大学の概要

ノルトライン=ヴェストファーレン州ビーレフェルト市(NRW)

人口:約33万人(街としては大きい)

創立:1969年 学生数:22000人

 

ビーレフェルト大学について

Universität Bielefeld

設立:1969年

HP:Universität Bielefeld

日本学部:なし

ゼメスターチケットの範囲:

NRW州全て(アーヘン・ケルン・ミュンスターなど、ルール地方の観光地行き放題なのでかなりコスパ◎)あとから聞いた話、今はオランダのVenloまでもいけるようになったとか(?)

 

ビーレフェルト大学で有名なもの:

学部:社会学(世界トップレベル)、歴史学、教育学

その他:「トイトブルクの森の戦い」の舞台

 

 

 

 

留学生活

寮・保険情報

  • WG(シェアハウス)か1人部屋を事前に希望できる ※大抵通るがその限りではない
  • 家賃:240-260ユーロ(光熱費込み)
  • Morgenbreedeというひとり部屋の寮がすごく綺麗
  • ネット:WG→wifiあり、1人→有線
  • 保険はAOKに加入(大学側が手配してくれるのでそれについていくだけ)

 

 

 

 

 

大学からのサポート

  • 手厚い
  • ウェルカムパーティーに始まり、近所の動物園へのハイキングやライプツィヒ・ドレスデンへのエクスカーションなど、色々なプログラムが(特に序盤:友達ができにくい時期は)用意されている
  • 大学の経費負担が結構あるのか、無料プログラムが多かったり、お金がかかるといっても安価だった

 

留学先に支払ったお金

ゼメスターチケット代:250ユーロ/セメスター

 

休日の過ごし方

友だちと料理したり、だらだら

 

 

 

大学の授業

 

  • 留学生自体が1セメスターあたり100人前後と少なめなのもあり、留学生向けの授業は比較的少なめ
  • ドイツ語発音の授業だけなぜか手厚かった
  • 正規生向けの授業も何でも参加してOK. 交渉しにいくと、課題軽減を承諾してくれる先生が多かった(レポート5枚→3枚等)

 

 

1週間の授業内訳

週5〜7コマ/ セメスター

内訳:ドイツ語の授業3割・正規学生と同じ授業7割

 

オススメの授業:『Europa macht Schule』本当はEU圏の学生しか受けれない授業だけど特別に許可:地元の小中高校に教育実習にいけるので楽しかった

 

 

 

 

 

英語・日本語の使用頻度

日本語:1日1回くらい

英語:ほぼ無し

 

ドイツ語勉強(タンデム)

やりたいと思えばいくらでもできる環境(日本人が少ないので)

 

 

 

留学して良かったこと・困ったこと

 

良かったこと

  • 良い意味で街に特徴がないところ。
  • 家の真横は森だし、観光客もほぼ皆無。
  • 大学に関しては、授業何でも取ってOKで自由なのが良かった。
  • 日本人が珍しいらしく友達ができやすい
  • 治安がいい
  • ゼメスターチケットで無料の範囲が広い
  • のんびりしてて日々リラックスできる
  • 数少ない標準ドイツ語の地域

 

 

 

 

困ったこと

  • 日本人コミュニティが良くも悪くも狭いので、情報が筒抜け。(○○ちゃん今日××してるらしい、みたいな)
  • 天気が悪い
  • 保守的な人が多い(?)

 

 

 

今回情報を提供してくれた大学生

Vollmondの中の人:komachi

2014年4月 大学の専攻でドイツ語開始

2016年9月〜2017年8月 ビーレフェルト大学へ長期留学

 

この大学を志望した理由

日本人・アジア人が少ないから。

詳しくは:数ある選択肢の中から私がビーレフェルト大学を選んだ理由

 

留学中に困ったこと

語学の壁(相手が言った冗談がわからないなど)

 

 

2 thoughts on “ビーレフェルト大学〜何もないけどそれがいい〜

この投稿はコメントできません。