カトリック大学〜英語メインでドイツへ私費留学〜

 

 

穏やかなドイツの田舎で、英語で経営学を勉強したい!という方におすすめなアイヒシュタット・インゴルシュタット・カトリック大学を留学生のLisaさんに今日は紹介していただきます◎

 

 

街・大学の概要

バイエルン州(Bayern)

人口:13.24万人のすごく穏やかな田舎

街にいる日本人:自分を含め留学生以外の日本人を今のところを見た事ありません。(自分を含め現在2)

 

カトリック大学について

Katholische Universität Eichstätt-Ingolstadt, KU/WFI

アイヒシュタット・インゴルシュタット・カトリック大学

設立:1980年

日本学部:無し

 

カトリック大学について:

経営学部:WFI(Ingolstadt )・英語での授業

その他の学部:KU(Eichstätt)・ドイツ語と英語での授業

 

大学にいる日本人:

WFI2/Eichstätt校:行ったことがないので正確な人数は知りませんが、2~4人程度です

 

 

 

留学生活

家・保険について

  • 私費留学だったので、自力でインターネットから家を見つけました
  • WG(6人のルームメイト・自分の部屋とキッチン、洗面所が共有)に住んでいます
  • 家賃は光熱費込みで€378 (交換留学の友人は€250~300台で一人部屋でした)
  • ネットは備え付きで1ヵ月€7
  • 保険はAOKに加入(大学でのオリエンテーションにて加入しました)

 

大学からのサポート

  • 私費留学だったので、手厚くはなく、すべて自分で手続きを行いました
  • しかし、インターナショナルオフィスに行けば、わからない事はすべて教えてもらえます
  • その他:留学生同士が仲良くなるような旅行やパーティーなどイベント多種あります (大学が提供しているよりかは大学にある一つの団体が提供しています)
  • これを通して、ノイシュバンシュタイン城に留学生の友達と無料で行くことができ、多くの友人が出来ました

 

留学先に支払ったお金

1セメスター:€44.50

 

休日の過ごし方

  • 友人とパーティー
  • 旅行
  • 勉強

 

 

 

大学の授業

  • どちらの言語(英語orドイツ語)で受けるかによりますが、経営学部の授業は充実しています
  • ドイツ語の語学コースについて、Eichstätt校はとても充実しています。(スピーキング/プレゼンテーションのクラスまであります)
  • Ingolstadt校は、B1のクラスまでしかありません
  • 正規生向けの授業へも参加可能です
  • 授業外の時間は図書館で勉強や、グループワークをしています

 

1週間の授業内訳

前期:週5~6コマ/セメスター

内訳 Brand Management, Service performance Management, Supply Chain management, GermanA2, International Business(自由聴講)

 

後期:週5コマ/セメスター

内訳 Global Marketing, Current Business ethics, GermanA2.2/B1, Aussprache

 

オススメの授業:Brand Management (英語) 経営学に興味があり、アグレッシブな環境で世界中の学生と授業を受けたい方にオススメ。エッセイやプレゼンテーション、グループワークを通して成長できます。

 

 

英語・日本語の使用頻度

日本語:ほとんどない。日本人留学生1人のみ

英語:主に英語。メキシコ、イタリア、中国、アメリカ、ロシアなど世界中からの留学生なので、会話はすべて英語

ドイツ語:本人次第。ドイツ語が現段階ででき、自分から友人を作りに行けるのなら使う機会は多いと思います。また、Eichstätt校に行くのならばもっとたくさんの機会があると思います。

 

ドイツ語勉強(タンデム)

  • タンデムは、Ingolstadtでは見つからないです
  • Eichstättでは、見つかるのではないか?と思います
  • 大学のサイトには、タンデムシステムはあります

 

 

留学して良かったこと・困ったこと

良かったこと

  • 日本人が本当に少ない
  • とても小さな田舎なので勉強するにはピッタリだと思います
  • また、小さいですが、オクトーバーフェストやスプリングフェストもあり、賑やかな一面もあります

 

困ったこと

  • ドイツ語をメインでやりたい方は、Ingolstadtではなく、Eichstätt校をオススメします
  • Eichstätt校には、ドイツ語を向上させるためのクラスや学部が豊富です

 

 

 

今回情報を提供してくれた大学生

2018年春 ドイツに留学したいと思い、ドイツ語を勉強開始

2018年9月下旬〜2019年7月下旬

ドイツ・カトリック大学(WFI)への私費留学

 

この大学を志望した理由

  • 英語で経営学を学びたかったため

英語が出来ての第三外国語だと考えていたので、ドイツに実際に来るまでは、ドイツ語に本腰を入れてなく、英語で経営学を学びたくこの大学を選びました。私は、アメリカやカナダの大学に行くほど、英語力もお金もなかったのも理由の一つです。この大学は、一年間で授業料も1万円程度で、レベルの高い授業をアグレッシブな環境で受けることが出来ます。

  • ヨーロッパの来たかったから

小学生の頃から世界遺産が大好きな私は、ヨーロッパに留学して、旅行もしたいと考えていたからです。

 

ドイツ語圏に留学してよかったなと思うこと

  • 何よりもドイツ語が好きになりました
  • 本気でトリリンガルになりたいと思えるようになりました
  • この留学期間で、ヨーロッパ13か国周遊することができ、多くの世界遺産を見る事ができました

 

留学中に困ったこと

  • エージェントを通さず、すべて自分で手続きを行い作り上げた私費留学だったので、VISAから住居の手続きまですべて自分でしなければなりません
  • VISA取得にあたっては、ドイツ語が話せないと市役所は行ってくれません。私は、ドイツ語が全く話せなかったので、道端で知らない人に声をかけて翻訳してもらいました
  • 田舎なので、自転車が必需品です
  • 10月の段階で、すでに寒く、冬には厚手のコートをドイツで購入しないとやっていけないほど、寒さには苦しみました

 

最後にメッセージ

大学で英語の授業を受けたいけど、英語圏は授業料や生活費が高すぎると思っている方。ドイツ人の英語力は本当に驚くほど高く、充実したドイツ留学が出来ると思います。

英語もドイツ語も両方欲張った留学がしたい方!ぜひおすすめです。私は、現在ドイツ語B1レベルですが、この留学を通して、ドイツ語が好きになり日本に帰国しても勉強し続け、必ず戻ってきたいと思いました。

 

 


 

VollmondではLisaさんのようにドイツ語圏留学についての声・情報を提供してくださる方を随時募集しています。「自分の経験がいつかどこかの誰かの役に立てば…!」という方はぜひご参加ください◎お待ちしております。

参加申し込みはこちらから