Vollmond事務局(以下、「事務局」といいます。)は、事務局が運営するオンライン語学学習サービス「Vollmond」(以下、「本サービス」といいます。)の利用者による利用に関して、次のとおりVollmond受講者規約(以下、「本規約」といいます。)を定めます。
すべての利用者は、本規約および事務局が別途定めるプライバシーポリシー(https://vollmond.online/privacy-policy/)に同意の上、本サービスを利用するものとします。

 

I.総則
1. 規約の適用

1-1. 本規約は、利用者による本サービスの利用のほか、本サービスに関連して事務局が送信する電子メール等の情報すべてに適用されます。

1-2. 本規約は、I.総則のほか、受講または聴講するレッスンコースに応じて以下の各号所定の特則が適用されるものとします。
(1) プライベートコース II.プライベートコースの特則
(2) 会話コース III.会話コースの特則
(3) テキストコース IV.テキストコースの特則
(4) 少人数レッスン V.少人数レッスンの特則

1-3. 本規約における日時は、日本の標準時刻に従うものとします。

 

2. 定義

2-1. 本規約で使用する以下の用語は、それぞれ以下の意味を持つものとします。
(1) 受講者 本規約所定の手続きを行うことで、講師から直接レッスンを受ける権利を有する個人
(2) 聴講者 本規約所定の手続きを行うことで、講師による受講者へのレッスンを聴く権利を有する個人
(3) 利用者 受講者と聴講者の総称
(4) 講師 事務局との間で講師契約を締結している個人
(5) 受講アプリ レッスンの受講のために使用する、事務局が指定した第三者が提供するオンラインサービスアプリケーション(Skype, Zoom, LINE等)
(6) レッスン契約 レッスンの提供および受講に関する契約
(7) 講師契約 本サービスを利用して受講者に講義を行うことに関する契約
(8) 本ウェブサイト 本サービス提供に関して事務局が管理運営しているウェブサイト

 

3. 利用者情報の変更

3-1. 利用者は、レッスンの受講または聴講の申込みのために事務局に開示した自己の情報に変更が生じたときは、すぐに事務局に通知しなければなりません。この通知が遅延し、または通知がなされなかったことにより利用者が損害等を被った場合でも、事務局は責任を負いません。

 

4. 受講環境

4-1. 利用者は、受講アプリを使用してレッスンを受講または聴講するものとします。この使用において、利用者は、受講アプリを提供する第三者が定めた規約、条件等に従わなければなりません。

4-2. 利用者は、受講を始める前に、受講アプリのインストール等を行い、正常に利用できることを確認しなければなりません。

4-3. 受講アプリ利用のために必要となる通信回線、通信設備、情報端末、映像機器(カメラ等)、音声機器(マイク、ヘッドセット、イヤホン等)その他一切の機器等は、利用者の負担と責任において用意してください。また、これらの機器の利用にかかる料金、費用等はすべて利用者の負担とします。

4-4. 事務局の責めに帰すべき事由に起因する場合を除き、理由を問わず、利用者が受講アプリを正常に利用できなかったことにより、期待するレッスンの受講ができなかった場合においても、事務局は責任を負いません。

4-5. 前各項の規定は、直接対面にて行うレッスン(プライベートコースの対面レッスン等)については適用しません。

 

5. レッスン

5-1. 受講を希望する者(以下、「受講希望者」といいます。)は、受講するコースに応じて事務局が定めた方法により申込みを行うことで、レッスンを受講することができます。受講希望者による申込みに対して、その申込みにおいて指定した講師が承諾の意思表示を通知した時点で、受講希望者と事務局との間で、レッスン契約が有効に成立するものとします。ただし、講師を指定できないレッスンコース、または講師を指定せずに行った申込みの場合は、事務局が承諾の意思表示を通知した時点で、受講希望者と事務局との間でレッスン契約が有効に成立するものとします。

5-2. レッスンの開始時刻が定められている場合は、受講者は、その時刻にレッスンを開始できるよう十分に配慮しなければなりません。

5-3. 事務局は、利用者が無断キャンセルを繰り返し行った場合や、受講または聴講において不適切な行為があったと事務局が判断した場合は、利用者に対して警告、改善指示等を行うことができるものとします。

5-4. 利用者の都合(電車等の遅延、通信回線の不備等を含み、これらに限られません。)により、申し込んだ時刻にレッスンを開始できなかった場合は、原則としてレッスン時間の延長・変更を行うことはできません。

5-5. 受講希望者が未成年者の場合は、親権者等の法定代理人からの事前の同意を得なければならないものとします。

5-6. 本規約に同意した時点で未成年者であった利用者が成年に達した後に本サービスを利用した場合、未成年者であった間のすべての利用行為を追認したものとみなします。

 

6. レッスンのキャンセル

6-1. 利用者は、事務局またはレッスンを担当する講師への通知により、レッスンの申込みをキャンセルすることができます。

6-2. レッスンの申込みをキャンセルしたときは、事務局所定のキャンセルポリシー(https://vollmond.online/cancel-policy/)に従ってキャンセル料の支払いが必要となる場合があります。

 

7. レッスン受講料

7-1. 利用者は、レッスンを受講または聴講したときは、事務局からの請求に基づき、受講または聴講したレッスンに応じて定められているレッスン受講料を支払わなければなりません。ただし、本規約において別段の定めがある場合は、その定めに従います。

7-2. 本ウェブサイトに掲載されているレッスン受講料は、別段の記載がある場合を除き、消費税を含まない金額です。利用者は、別途消費税等を加算した金額を支払うものとします。

7-3. 事務局または講師(講師がレッスン受講料を指定できる場合に限ります。)は、受講者(自動更新するレッスン契約の当事者である場合を含み、通知日以降にレッスンの受講または聴講の申込みがなされている者に限ります。)に事前に通知することで、事務局または講師の裁量でいつでもレッスン受講料を変更することができ、受講者は予めこれに同意するものとします。なお、レッスン受講料変更の適用時期について、本規約で別段の規定がある場合は、その規定に従うものとします。

7-4. レッスン受講料は、本規約において別段の定めがある場合を除き、以下のいずれかの方法で支払うものとします。支払いに要する手数料は、利用者の負担とします。
(1) PayPal
(2) 銀行振込

 

8. 禁止事項

8-1. 利用者は、本サービスの利用またはレッスンの受講もしくは聴講に関して、以下の各号の行為をしてはなりません。
(1) 故意または重過失により虚偽の情報を送信、提示、公開等する行為
(2) 講師、他の受講者、事務局または第三者の著作権、商標権等の知的財産権を侵害する、または侵害するおそれのある行為
(3) 講師、他の受講者、事務局または第三者への差別または誹謗中傷等、名誉または信用を傷つける行為
(4) 講師、他の受講者、事務局または第三者の財産、プライバシー、肖像権またはパブリシティ権を侵害する、または侵害するおそれのある行為
(5) 風説を流布し、偽計を用いもしくは威力を用いて講師もしくは事務局の信用を毀損し、または講師の業務を妨害する行為
(6) 講師に対するハラスメント行為
(7) 講師の許可なく、レッスンの撮影、録画、録音をする行為
(8) 講師およびすべての受講者(動画、音声等に他の受講者が含まれる場合に限ります。)の許可なく、レッスンの内容、画像、動画、音声等について、公開またはSNS等への投稿その他自己の復習目的を超えて利用する行為
(9) 事務局の許可なく、事務局に対する問い合わせおよび事務局からの回答について、公開またはSNS等への投稿その他私的使用目的を超えて利用する行為
(10) 講師および事務局の許可なく、受講者以外の第三者にレッスンを受講または聴講させる行為
(11) 講師の個人情報を第三者に公開し、または本サービス利用以外の目的で利用する行為
(12) 他の受講者または講師になりすまして本サービスを利用する行為
(13) 本サービスを介さずに、レッスンの受講等、本サービスに類似するサービスの提供を受けることについて直接講師と契約する行為
(14) 本サービスを営利目的およびその準備で利用する行為
(15) 暴力的もしくは脅迫的な言動、または法的な責任を超えた不当な要求行為
(16) 詐欺等の犯罪に結びつく行為
(17) 宗教、政治結社、マルチ商法等の勧誘を目的とする行為。
(18) わいせつもしくは児童虐待にあたる言動、行為、画像、文書等を送信または掲示する行為
(19) コンピュータウイルス等有害なプログラムを使用または提供する行為
(20) レッスン予約のキャンセルまたは不受講を繰り返す行為
(21) レッスンの進行を妨げる行為、またはレッスンの受講において不適切である行為
(22) 前各号に定める行為を助長又は促進する行為
(23) その他、事務局が不適切と判断した行為

8-2. 前項各号の行為は、事務局の裁量によって判断するものとし、その判断について事務局は説明する責任を負いません。

 

9. 通知

9-1. 本サービスに関する問い合わせその他利用者から事務局に対する連絡または通知、および本規約の変更に関する通知その他事務局から利用者に対する連絡または通知は、利用者のメールアドレス宛への発信またはLINEアカウントへの通知その他事務局が定めた合理的な方法によって行います。

9-2. 前項の通知を行った時点で、その通知が利用者に到達したものとみなします。

9-3. 事務局の責めに帰すべき事由による場合を除き、第1項の通知の不達について、事務局は責任を負いません。

 

10. 登録情報の取扱い

10-1. 事務局は、利用者から事務局に開示された利用者に関する情報(個人情報を含みます。)について、個人情報保護法その他法令および事務局が定めるプライバシーポリシーに従って適切に管理します。

 

11. 本サービス提供の停止

11-1. 事務局は、利用者が以下の各号のいずれかに該当する場合、事前に通知することなく、その利用者に対する本サービスの提供を停止することができます。
(1) 本規約に違反した場合
(2) 8-1各号に定める行為をした場合
(3) 受講または聴講申込後において、事前の連絡および正当な理由なく、レッスン受講料またはキャンセル料の請求日から6か月経過しても完済されない場合
(4) 過去に本規約違反等により本サービスの提供停止処分等を受けていたことが判明した場合
(5) その他、利用者への本サービス提供が不適切であると事務局が判断した場合

11-2. 本サービス提供の停止は、事務局から利用者に対する損害賠償その他の請求を妨げるものではありません。

 

12. 本サービスの中断・終了

12-1. 事務局は、事務局が必要と判断したときは、事前に利用者(以下、本条において、自動更新するレッスン契約の当事者である場合を含み、通知日以降にレッスンの受講または聴講の申込みがなされている者に限ります。)に通知することにより、本サービスの全部または一部の内容を変更し、またはその提供を中断することができるものとします。

12-2. 事務局が本サービスの提供を終了する場合、事務局は終了日の2か月前までに本ウェブサイトに掲示し、利用者に対して通知します。

 

13. 損害賠償

13-1. 利用者は、本規約に違反したことに起因し、または利用者の故意もしくは重過失により事務局に損害を与えたときは、事務局に対して、合理的な弁護士費用を含むすべての損害を直ちに賠償する責任を負うものとします。

 

14. 知的財産権

14-1. 本サービスに関するテキスト、画像、音声、商標、ロゴマーク等(以下、「本コンテンツ」といいます。)についての著作権、商標権その他の知的財産権は、すべて事務局もしくは講師または正当な権利を有する第三者(以下、総称して「権利者」といいます。)に帰属します。受講者は、権利者の許諾なく、法令で認められている範囲を超えた利用(複製、改変、アップロード等の公衆送信、貸与、譲渡、販売等)を行うことはできません。

14-2. 事務局は、権利者から、利用者による権利侵害の申立てを受けたとき、または前項に違反していると事務局が判断したときは、利用者に対して、本サービス提供の停止、損害賠償その他の措置または請求を行うことができるものとします。

 

15. 免責

15-1. 利用者は、事務局および講師から提供される情報、レッスン内容等に関して、以下の各号について予め同意するものとします。
(1) 講師により提供されるレッスンの内容、品質、正確性、有用性、信頼性等については自己で判断し、自己の責任において本サービスを利用すること
(2) 講師により、レッスン内容および発音等に差異があること
(3) 事務局は、講師の身元情報その他講師が掲示する情報等の真実性、正確性、有用性、信頼性等について保証しないこと
(4) 講師および事務局は、本サービスのレッスンにより受講者の期待する学習効果が得られるよう最善の努力を尽くすが、その効果を保証するものではないこと
(5) 事務局は、本サービス利用外でなされた講師の行動、発言等により利用者または第三者に生じた損害について責任を負わず、補償する義務がないこと
(6) 希望の講師、日時、内容のレッスンを受講できることについて、事務局および講師は保証しないこと
(7) 不可抗力(天災地変、感染症等を含みます。)その他やむを得ない事情により、レッスンがキャンセルされ、または内容(担当講師、日時を含みます。)が変更される場合があること

15-2. 事務局は、事務局の責めに帰すべき事由がある場合を除き、利用者が希望する日時および内容のレッスンを受講することができなかったことについて、責任を負いません。

15-3. 事務局は、受講アプリを継続して利用できること、および不都合、不具合等が無いことについて一切保証しません。

15-4. オンライン、オフラインを問わず、本サービス利用目的以外での利用者または他の講師との接触はすべて自己の責任において為すものとし、事務局は一切の責任を負いません。

 

16. 規約の変更

16-1. 事務局は、事務局が必要と認めた場合は、本規約を変更できるものとします。本契約を変更する場合、変更後の本規約の施行時期および内容を本ウェブサイトへ掲示し、または利用者(以下、本条において、自動更新するレッスン契約の当事者である場合を含み、通知日以降にレッスンの受講または聴講の申込みがなされている者に限ります。)に通知します。ただし、法令上の規定により利用者の同意が必要となるような内容の変更の場合は、事務局所定の方法で利用者の同意を得るものとします。

 

17. 事業譲渡

17-1. 事務局は、本サービスにかかる事業を他社に譲渡した場合には、その事業譲渡に伴い、本サービス利用権その他本規約に基づく権利および義務ならびに利用者の登録情報、個人情報その他情報を、事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、利用者は、かかる譲渡につき本項において予め同意したものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。

 

18. 準拠法・管轄裁判

18-1. 本規約の準拠法は日本法とします。

18-2. 本規約に起因し、または関連する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

 

II. プライベートコースの特則
19. プライベートコースの受講

19-1. 受講を希望する者は、講師との協議により受講日時を決定します。

19-2. レッスン時間は、受講者の要望を基に、講師との協議により決定します。

19-3. 前2項の規定によらず、初回のレッスン日時、レッスン時間および講師は、受講申込時に指定した受講者の要望を基に、事務局および講師が調整の上決定します。ただし、やむを得ない事情により、ご要望に沿うことができない場合がございます。

 

20. レッスンの受講形態

20-1. 受講者は、受講アプリを利用してレッスンを行う「オンラインレッスン」と、講師が指定する場所で対面にて行う「対面レッスン」のいずれかを選択することができます。

20-2. 受講者は、受講申込時に申請することで、オンラインレッスンと対面レッスンを同時に受講することができます。

 

21. レッスン受講料等

21-1. レッスン受講料は、講師が定めた自己の報酬額(以下、「講師報酬」といいます。)とします。事務局が受講者毎に月次のレッスン受講料を集計し、レッスン受講月の翌月5日までに受講者に対して請求します。

21-2. 受講者の申請に基づき、受講者が事務局の定める「学生」であると事務局が判断したときは、レッスン受講料は所定の学生料金が適用されます。

21-3. 講師は、自己の裁量によりいつでも、自己の講師報酬を変更することができ、本ウェブサイトに掲示された日(以下、「報酬変更日」といいます。)から効力を有するものとします。ただし、プライベートコースのレッスン契約が成立している受講者に対して、この講師報酬の変更が適用されるのは、報酬変更日から2か月後の日を含む月の請求分からとします。

21-4. レッスンの内容によっては、市販のテキストその他の教材を利用する場合もあり、これらの教材の購入費用は受講者の負担とします。ただし、教材を利用することについて受講者が承諾の意思表示を明確に行った場合に限ります。

 

22. 対面レッスンの特則

22-1. 対面レッスンを行う場所(以下、「レッスン場所」といいます。)は、レッスン受講日までに講師が決定し、受講者に通知します。

22-2. レッスン場所の通知後、やむを得ない事情によりレッスン場所が利用できない場合は、講師の裁量によりレッスン場所を変更する場合があります。

22-3. レッスン当日のレッスン会場変更により、予定された時刻にレッスンを開始できなかった場合は、受講者および講師の同意がある場合に限り、レッスン時間を延長することができます。受講者および講師が同意しない場合は、受講者が事務局に通知することで、事務局は、事務局の裁量によりレッスン時間の短縮その他の措置を講じることができます。

22-4. カフェでの飲食代金等、レッスン場所において支払う金銭は、自己の利用分については自己の負担とします。

 

III. 会話コースの特則
23. 会話コースの受講

23-1. レッスン時間は1回20分となります。

23-2. 受講者がレッスンを担当する講師を指定することはできません。

23-3. 受講日時は、受講者の受講申込時の要望に基づき、事務局と講師が定めて受講者に通知します。やむを得ない事情により、指定された日時に受講できない場合は、直ちに事務局に通知してください。受講日時の48時間前までに通知された場合は、他の日時や講師に振り替えることができます。受講日時の48時間以内に通知された場合は、原則として日時および講師を変更することはできません

23-4. 受講申込月以降のレッスン継続または終了については、事務局所定の方法にて受講者が意思表示を行うものとします。

 

24. レッスン受講料等

24-1. 受講者は、初回のレッスンを受けるまでに、申込時に指定した1か月あたりのレッスン回数に応じて事務局が定めたレッスン受講料を支払うものとします。レッスン受講料の支払いがなされない間は、事務局はその受講者に対してレッスンを提供する責任を負いません。

24-2. 受講者の都合により、申込時に指定した回数のレッスンを受講できなかった場合でも、事務局は、支払い済みのレッスン受講料の返金および翌月以降へのレッスン振替その他の措置を講じる責任を負いません。

24-3. 講師の都合その他受講者の責めに帰さない事由により、申込時に指定した回数のレッスンを受講できなかった場合は、事務局との協議により、受講できなかった回数分を翌月に繰り越すことができます。

 

IV. テキストコースの特則
25. テキストコースの受講

25-1. 受講を希望する者は、事務局が予め定めたレッスン内容を選択し、事務局所定の方法により申込みを行うことで、そのレッスン内容に応じたレッスンを受講することができます。

25-2. 申込時に講師を指定することができます。ただし、やむを得ない事情によりご要望に沿うことができない場合がございます。

25-3. 受講者の都合により、自己が選択したレッスン内容を変更することはできません。

25-4. 講師の変更を希望する場合は、レッスン契約の更新時に限り、事務局との協議の上、講師を変更することができます。レッスン契約期間中に講師を変更することはできません。

25-5. 原則として、受講アプリとしてLINEを利用します。ただし、LINEを持っていない場合や障害等によりLINEを利用できない場合は、電子メールを利用することができます。

25-6. レッスンは、申込みを行ったレッスン内容に応じて提供されます。規定のレッスン内容の範囲を大幅に超えていると事務局が判断した場合は、事務局は、受講者に対し、レッスンの抑制その他合理的な措置を講じることができるものとします。

 

26. 受講期間

26-1. レッスン契約は、最初の受講申込日から1か月間(以下、「契約期間」といいます。)とし、契約期間満了までに受講者から終了の意思表示がない場合は、同じ条件にて同一期間更新され、以後同様とします。

 

27. レッスン受講料の支払い

27-1. レッスン受講料について、最初の1か月分は受講申込時にお支払いいただきます。

27-2. 2か月目以降のレッスン受講料は、契約期間満了日に、最初の支払時と同じ決済方法にて自動的に請求されます。

 

V. 少人数レッスンの特則
28. 少人数レッスンの受講

28-1. 受講者は、事務局所定の方法で申込みことにより、複数の受講生と講師から構成されるグループにてレッスンを受講することができます。

28-2. 各グループは、受講者のレベルを基に事務局が判断して構成します。受講者は、講師と協議の上、グループを変更することができます。

28-3. レッスンは、グループ毎に曜日および時間を定めて行われ、その数は原則1か月に4回とします。

28-4. 理由を問わず、受講者が所定の日時にレッスンを受講できなかった場合でも、事務局は返金する責任を負わず、また別日に振り替える責任を負いません。

28-5. 受講者は、レッスンの受講有無に関わらず、自己が申し込んだレッスンで使用された教材、資料等について、レッスンを担当する講師または事務局が定める方法で閲覧することができます。

 

29. 受講期間

29-1. レッスン契約は、申込日の翌月1日から月末までの1か月間とします

29-2. レッスン契約を継続する場合は、レッスン契約期間が満了するまでに、事務局所定の方法にて申込むものとします。

 

30. レッスン受講料の支払い

30-1. 受講者は、受講申込みから最初のレッスン日までに、事務局所定の方法でレッスン受講料を支払うものとします。レッスン受講料の支払いがなされない間は、事務局はその受講者に対してレッスンを提供する責任を負いません。

 

31. 聴講生

31-1. 少人数レッスンの聴講を希望する者は、事務局所定の方法で申込むことで、聴講生として少人数レッスンを聴講することができます

31-2. 聴講生は、少人数レッスンを聴講するのみとし、講師または受講者への質問、教材の閲覧その他受講者に準じた受講はできません。

 

制定:2020年6月5日