3格、4格はどう使い分ける?:ドイツ語の再帰代名詞・再帰動詞

 

 

 

ドイツ語に再帰代名詞とか再帰動詞ってあるじゃん?
うん

 

3格と4格に分かれているらしいけど、使い分けにルールはあるの?
その辺も含めて、さらっと再帰代名詞をおさらいしようか!

 

 

再帰代名詞

再帰代名詞とは?

再帰代名詞とは「…自身」という意味を表す代名詞です。

例えば、「私自身」、「あなた自身」などの意味で用いられます。

 

「英語の『myself』『yourself』に近いね!

 

ドイツ語の再帰代名詞には、3格と4格が存在します。

再帰代名詞をまとめた表が、以下の通りです。

再帰代名詞
ich du er sie wir ihr Sie
3格 mir dir sich uns euch sich
4格 mich dich

 

 

 

これらを、普通の人称代名詞と比較してみましょう。

人称代名詞
ich du er sie wir ihr Sie
3格 mir dir ihm ihr uns euch Ihnen
4格 mich dich ihn sie Sie

 

 

「オレンジの部分以外」は人称代名詞と同じだから、わかりやすいね!

 

 

3格と4格は、動詞ごとに使い分ける

問題は、3格と4格の動詞をどうやって使い分けるかですが、これについては、特にこれといった規則はありません。

 

えーーっ…

 

後半で、再帰代名詞と一緒に使う動詞(再帰動詞)について解説しますが、動詞ごとに3格と4格のどちらを伴うかが決まっています。

ですので、それらを一つひとつ覚えていきましょう。

※以下、3格の再帰代名詞をsich3、4格の再帰代名詞をsich4で表記します。

 

 

再帰動詞:再帰代名詞とくっついて意味をなす動詞

再帰代名詞と一緒に用いられる動詞のことを、「再帰動詞」といいます。

 

3格の再帰代名詞を伴うものと4格の再帰代名詞を伴うものありますが、それぞれ、代表的な例をいくつか紹介していきますね。

 

先に述べておくと、4格を伴う再帰動詞の方が、ちょっと使い方に注意が必要です。

詳しくは後で説明しますので、まずは簡単な方の3格を伴う再帰動詞を見ていきましょう〜♪

 

 

3格を伴う動詞:簡単、覚えるだけ

3格の再帰代名詞をを伴う動詞を4つピックアップしました。

他にもたくさんありますが、一旦以下の単語を覚えましょう。

 

sich3 merken:〜を覚える

私は新しい事を覚えなくてはならない。

Ich muss mir neue Dinge merken.

 

彼は新しい事を覚えなくてはならない。

Er muss sich neue Dinge merken.

 

sich3 kaufen:〜を買う

 

私は本を買う

Ich kaufe mir ein Buch.

 

彼は本を買う

Er kauft sich ein Buch.

 

自分に買うのがわかってるのに、わざわざ『mir』や『sich』をつけるの??
そうなんだ〜 ちょっと変に感じるかもしれないけど、決まりなので、しっかり覚えよう!

 

※口語では再帰代名詞を省略して Ich kaufe ein Buch. という形で表現することも多いです。

 

 

sich3 wünschen:―を望む、〜が欲しい(≒möchte)

私はカメラが欲しい

Ich wünsche mir eine Kamera.:

 

<比較>人称代名詞を使った場合…

良い週末を!(直訳:私は 君/あなた/君たち が良い週末を送ることを望んでいます!)

Ich wünsche dir/euch/Ihnen ein schönes Wochenende!

※口語では『schönes Wochenende』単体で表現することも多いです。

 

 

sich3 waschen:〜を洗う

Ich wasche mir die Hände.:私は手を洗います。

 

また変なの。Ich wasche meine Hände(私は私の手を洗う)でいいじゃん!
日本語の感覚からすると変だけど、ドイツ語にはドイツ語の考え方があるからね!慣れるまで頑張ろう〜

 

 

4格をとる動詞:前置詞をセットで使う動詞あり

4格の再帰代名詞を伴う再帰動詞の一部は、一緒に使う前置詞とセットで暗記する必要があります。

そして、使う前置詞によって意味が変わったり、また同じだったりと少しややこしいので、注意が必要です。

それでは、前置詞を伴う動詞を2つと、前置詞を伴わない動詞を2つ紹介します。

 

前置詞を伴う動詞

sich4 freuen:嬉しく思う

『freuen』は、使う前置詞によって意味が異なる再帰動詞です。

 

sich4 freuen über + 4格:〜が嬉しかったと思う<過去>

sich4 freue auf + 4格:〜が楽しみである<未来>

 

私はそのパーティーが楽しかったと思う

Ich freue mich über die Party.

 

私はそのパーティーが楽しみです。

Ich freue mich auf die Party.

 

 

interessieren(〜に興味を持っている)

『interessieren』も前置詞と一緒に使います。

 

sich4 interessieren für + 4格(〜に興味を持っている)

 

私は音楽に興味があります。

Ich interessiere mich für die Musik.

 

前置詞を伴わない動詞

sich4 fühlen:感じる(=英語のfeel)

 

ベルリンにいるとき、私は心地いいと感じる

Wenn ich in Berlin bin, fühle ich mich angenehm.

※angenehm:心地いい

 

sich4 beeilen:急ぐ、急いでいる

 

私たちは急がないといけない。

Wir müssen uns beeilen.

 

<お役立ち> beeilenを使った口語フレーズ・Beeil(e) dich!(急いで)・Beeilen Sie!(急いでください!)

 

 

 

ドイツ語の再帰代名詞まとめ

 

今回は、ドイツ語の再帰代名詞の使い方を簡単にまとめました!

再帰代名詞の使い方(3格・4格の使い分け)にはルールがないため、一緒に使う動詞ごとに一つひとつ覚えていかないといけないのが大変ですが、まずはこの記事に書いてあることをマスターできるように頑張りましょう〜♪

 

 

覚えよう!・sich3 merken:〜を覚える

・sich3 kaufen:〜買う

・sich3 wünschen:〜を望む、〜が欲しい

・sich3 waschen:〜を洗う

・sich4 freuen über+4格:〜が嬉しかったと思う <過去>

・sich4 freuen auf+4格:〜が楽しみである <未来>

・sich4 interessieren für+4格:〜に興味を持っている

・sich4 fühlen:感じる

・sich4 beeilen:急ぐ、急いでいる

 

 

 

この記事を書いた人

  凡さんす

大学4年生です。ライターしてます。来年秋から、英国エセックス大学の修士課程でシリア内戦の研究をする予定です。趣味でドイツ語を学び、勉強開始から3ヶ月で独検4級取得。

Twitter(@academicocktail):「読み手の頭を動かすツイート」してます。ジャンルは政治や社会問題中心。

ブログ「学問のカクテル」:「勉強」が好きな方は気に入っていただけると思います。ジャンルは政治ニュース、哲学、大学院留学準備など。

お仕事の依頼はTwitterかenjoyscholarship@gmail.comまで!

 

編集:komachi

 

 

 

Vollmondではドイツ語オンラインレッスンサービスを展開しています。ひとりでは勉強が捗らない…誰かに教えてもらいたいけど教室に通う余裕がない…新しい趣味でドイツ語をはじめたい!という方はぜひ一緒に、楽しくドイツ語を勉強しましょう^^

 

ドイツ語プライベートレッスンを受ける

ドイツ語講師を探す

会話特化コースに参加する

One thought on “3格、4格はどう使い分ける?:ドイツ語の再帰代名詞・再帰動詞

この投稿はコメントできません。