難しくない!keinとnichtの使い分けを解説

 

問題です!“Das Wetter ist heute(  ) gut”(今日は天気が良くない)という文で、(  )の中に入れるのは何でしょう?
えっと、“nicht”!いや、待てよ…“kein”かもしれない!どっちだっけ…

 

“kein”と“nicht”はときどきこんがらがるよね〜ポイントを抑えれば難しくはないから、サラッとおさらいしよう!

 

 

今回は、ドイツ語の「否定」の言葉である“kein” と“nicht” の使い方を解説します。

作文や会話中にこんがらがってしまう人も多いかもしれませんが、実はそんなに複雑なルールはありません。

以下で“kein” と“nicht” の違い、それぞれの意味・使い方をまとめましたので、例文と一緒にサクッと理解してしまいましょう♪

kein nicht の使い分け

“kein” と“nicht” の使い分けを一言で表してみます。

 

kein:特定されていない名詞の否定

nicht:それ以外の否定

とっても大雑把に言ってしまえば、これだけです。

 

英語の”no”と”not”の使い分けに似てるんだよね
確かに、I have no money.(+名詞)は言うけどI like you no.(正:I don’t like you.)は言わないもんね

 

 

以下で、それぞれ深掘りしていきます。

kein (特定されていない名詞)

kein”は、特定されていない名詞、正確に言うと、

  • 不定冠詞(ein/eine/einenなど)がつく名詞
  • 冠詞がつかない名詞(食べ物・飲み物など)

を主に否定します。

 

不定冠詞がつく名詞の否定

《肯定文》

Ich habe einen Bruder.

私には1人の兄(弟)がいる。

 

《keinを使った否定文》

Ich habe keinen Bruder.

私には1人も兄弟がいない

 

冠詞がつかない名詞の否定

《肯定文》

Ich trinke Bier.

私はビールを飲む。

 

《keinを使った否定文》

Ich trinke kein Bier.

私はビールを飲まない

 

このように、何らかの名詞の「数量がゼロ」であることを表すのが、“kein”の主な役割です。

 

ほんとうは、上のような例文でも「nicht」を使って別のニュアンスを表すことができるんだけど、それについてはあとで説明するね!

 

※keinの活用

“kein”は、所有冠詞の“mein” や“dein” などと同じ「不定冠詞類」に属し、以下のように活用します。

 

 

nicht(動詞、形容詞、特定された名詞など)

次に、“nicht”を使う場面について解説します。

“nicht” は“kein”を使う場合以外の否定の表現で、たとえば次のような単語を否定するときに用います。

  • 動詞
  • 形容詞
  • 特定された名詞(定冠詞、所有冠詞などがついたもの)

 

動詞

《肯定文》

Ich tanze.

私はダンスをする。

 

《nichtを使った否定文》

Ich tanze nicht.

私はダンスをしない

 

形容詞

《肯定文》

Das Wetter ist heute gut.

今日は天気が良い。

 

《nichtを使った否定文》

Das Wetter ist heute nicht gut.

今日は天気が良くない

 

特定された名詞

《肯定文》

Ist das dein Buch? – Ja, das ist mein Buch.

この本は君の?- そう、私の。

 

《nichtを使った否定文》

Ist das dein Buch? – Nein, das ist nicht mein Buch.

この本は君の?- いや、私のではない

 

 

nicht kein でニュアンスが違う場面

以上のように、基本的には単純なルールで使い分けられるのが“kein” と“nicht” です。

 

最後に、少しややこしいパターンに触れておきましょう。

「“kein” と“nicht” どちらも使えるが、それぞれ微妙にニュアンスが異なる」場合がありますので、こちらについて説明します。

 

たとえば、

Ich trinke kein Bier.

Ich trinke Bier nicht.

この2つの文は、どちらも「私はビールを飲まない」という意味を表していますが、以下のような違いがあります。

 

  • 1番目の文(keinを使う場合)→単純に、「ビールを飲まない」
  • 2番目の文(nichtを使う場合)→「ビールは飲まない(が、他の飲み物は飲むかもしれない)」

 

えー、ややこしい!
まあ、実際にはどっちを使っても通じるんだけどね。ただ、次のような文では注意。

 

Ich trinke nicht Bier, sondern Wein.

私はビールではなくワインを飲む。

 

上の文では、単純に「ビールを飲まない」だけではく「他の飲み物(ここではワイン)は飲む」というニュアンスを強調したいので、”kein”ではなく”nicht”を使うこともできます。

 

もちろん”kein”を使っても問題ありません。

Ich trinke kein Bier, sondern Wein.

 

覚えよう!nicht A, sondern B:AではなくB

参考:おさえておきたい接続詞フレーズ|ドイツ語中級

 

 

まとめ

今回は、否定語“kein” と“nicht” の使い分けについての解説でした!

そこまで難しくはないと思うので、例文を覚えたり会話で使いながらサクッと身につけちゃいましょう〜!

 

覚えよう!kein:特定されていない名詞(不定冠詞がつくor 冠詞がつかない名詞)

nicht:それ以外(動詞、形容詞、特定された名詞)

 

 

わからなくなったら、何度もこの記事を読み返してね♪

 

 

この記事を書いた人:

凡さんす

 

 

 

「勉強」や「学問」頑張る人向けに文章書いてる大学4年生のブロガー・ライターです。来年秋から、英国エセックス大学の修士課程で紛争解決学の研究をしてきます。趣味でドイツ語を学び、勉強開始から3ヶ月で独検4級取得。

Twitter(@academicocktail

ブログ「学問のカクテル」:「勉強」が好きな方は気に入っていただけると思います。ジャンルは政治ニュース、哲学、大学院留学準備など。

お仕事の依頼はTwitterかenjoyscholarship@gmail.comまで!

編集・校正:めい

 

Vollmondでは老若男女 様々な方がご自身のペースでドイツ語を勉強しています^^

ドイツ語が必要な人もそうでない人も、日本にいる人も海外にいる人も、ひとりでも多くの方がアクセスできるドイツ語教室を私たちは目指しています。ぜひ一緒にドイツ語を勉強しましょう☺︎

Vollmondでドイツ語を学ぶ