ドイツ語作文、語順に迷ったらコレ!te・ka・mo・lo(テカモロ)の原則を覚えよう

 

ドイツ語で文を作るとき、「いつ」「どこで」「何を」をどういう順番にしたらいいか、いつも迷ってしまうんだ。
ドイツ語の語順って難しいよね。でも、そんな時に使える、とっておきのルールがあるんだよ!

 

この記事では、ドイツ語の語順を考えるときに役立つルールを紹介します。

 

te・ka・mo・loの原則とは?

te・ka・mo・loの原則とは、ドイツ語の文において語句は「いつ」→「なぜ」→「どのように」→「どこ」の順に置かれる、という基本ルールです。

temporal(時間)、kausal(理由)、modal(様態)、lokal(場所)の頭文字を取って「te・ka・mo・lo(テカモロ)の原則」といいます。

 

例えば、次の文を見てみましょう。

(クマちゃんは今日、怪我をしているので、ゆっくりと森へ歩いていく。)

 

この文には次の語句があり、

① heute「今日」・・・「いつ」(temporal)
② wegen seiner Verletzung「怪我をしているので」・・・「なぜ」(kausal)
③ langsam「ゆっくりと」・・・「どのように」(modal)
④ in den Wald「森へ」・・・「どこへ」(lokal)

これらはte・ka・mo・loの原則に従って、①~④の順になります。

 

覚えよう!「te・ka・mo・loの原則」…語句は次の順に並べる。

① 「いつ?」(Wann?)・・・temporal (時間)
② 「なぜ?」(Warum?)・・・kausal (理由)
③ 「どのように?」(Wie?)・・・modal(様態)
④ 「どこで?/どこから?/どこへ?」(Wo?/Woher?/Wohin?)・・・lokal(場所)

 

このルールは絶対的なものではなく、文脈やどこを強調するかによって、必ずしもte・ka・mo・loの順番にならないこともあります。
例えば上の文で、理由である怪我を強調したい場合に

Wegen seiner Verletzung läuft das Bärchen heute langsam in den Wald.

のように、本来「いつ」の後に置かれる 「なぜ」を文頭に持って来ることもあります。その場合は動詞、主語、と続いて、残りの語句をte・ka・mo・loに従って配置します。

 

 

目的語の位置:「誰に」「何を」はどこに入るか

te・ka・mo・loの基本ルールを覚えたら、もう少し複雑な文の語順についても見てみましょう。

「誰に」「何を」といった目的語が入る場合はどうなるでしょう。

この場合、「誰に」は「いつ」(temporal)の前に、そして「何を」は「なぜ」(kausal)と「どのように」(modal)の後、「どこ」(lokal)の前に置かれます。

 

次の文を見てみましょう。

(私は毎日彼に、愛情ゆえにおのずとたくさんの手紙を日本へ送る。)

 

この文でihm「彼に」viele Briefe「たくさんの手紙を」は、以下の位置になります。

ihm「彼に」・・・「誰に」(Dativ:3格をとる目的語)
② täglich「毎日」・・・「いつ」(temporal)
③ aus Liebe「愛情ゆえに」・・・「なぜ」(kausal)
④ spontan「おのずと」 ・・・「どのように」(modal)
viele Briefe「たくさんの手紙を」・・・「何を」(Akkusativ:4格をとる目的語)
⑥ nach Japan「日本へ」・・・「どこへ」(lokal)

 

 

否定文の場合はどうなる?nichtの正しい位置

では、今度はさらに、nichtが入る否定文の場合を確認してみましょう。

nichtは、文全体を否定する場合、「いつ」(temporal)と「なぜ」(kausal)の後、「どのように」(modal)と「どこ」(lokal)の前に置きます。

 

次の文を見てみましょう。

(彼は今、ビザの関係で、ドイツで長く働くことはできない。)

 

① im Moment「今」・・・「いつ」(temporal)
② wegen seines Visums「ビザの関係で」・・・「なぜ」(kausal)
nicht(文全体を否定する)
④ lang「長く」・・・「どのように」(modal)
⑤ in Deutshland「ドイツで」・・・「どこで」(lokal)

このように、nichtはte・ka(時間・理由)とmo・lo(様態・場所)の間に入ります。

 

nichtの詳しい使い方についてはこちらを参照:
難しくない!keinとnichtの使い分けを解説

 

 

まとめ

今回は、覚えておくと便利な語順のルールについて解説しました。

 

覚えよう!te・ka・mo・loの原則に、目的語や否定が入る場合は、以下の語順になる。

① 「誰に?」・・・Dativ(3格目的語)
② 「いつ?」(Wann?)・・・temporal (時間)
③ 「なぜ?」(Warum?)・・・kausal (理由)
④ nicht(否定文の場合)
⑤ 「どのように?」(Wie?)・・・modal(様態)
⑥ 「何を?」・・・Akkusativ(4格目的語)
⑦ 「どこで?/どこから?/どこへ?」(Wo?/Woher?/Wohin?)・・・lokal(場所)

 

全部合わせると「Da・te・ka・ni・mo・Ak・lo(ダテカニモアクロ)の原則」になるね!

 

 

おわりに

ドイツ語の文を作るとき、「いつ」「どこで」「どのように」といった語句(英語でいう5W1H)を並べる順番に迷ったことはありませんか?私はあります。ドイツ語の語順は英語などと似ているようで違うため、自分なりに重要度などを考えて配置するのですが、いつも間違っている…そんな日々を送っていました。

ところが、この「te・ka・mo・loの原則」を習ってから、それまで多かった作文ミスが激減したのです。そして、これをもっと早く知りたかった!と思いました。

そこで、このルールを知らない方に内容を知ってもらえば役に立つのではと思い、この記事を書かせていただきました。ドイツ語学習のカリキュラムでは、通常B2で習う項目ですが、B1までの学習者にも有用な情報だと思いますので、ぜひ参考になさってください。

 

 

Vollmondには「書いて」ドイツ語を勉強したい人向けのテキストコースがあります✒️

自分の作ったドイツ語作文を見てもらうもよし、質問を日本語でするもよし、講師とドイツ語チャットを楽しむもよし。テキストベースの新しいレッスン形式です。

ドイツ語が必要な人もそうでない人も、日本にいる人も海外にいる人も、ひとりでも多くの方がアクセスできるドイツ語教室を私たちは目指しています。ぜひ一緒にドイツ語を勉強しましょう☺︎

テキストコースを覗いてみる

 

 

この記事を書いた人:

Masako
ドイツ在住で、ドイツ語勉強中です。