便利だけど少し難しい「zu 不定詞」の使い方まとめ(練習問題付き)

 

ドイツ語の zu 不定詞がうまく理解できないの…

 

難しいよね!今日は意味をまとめていくから、復習も兼ねて確認していってみてね!きっと理解できるはずだよ
うん、わかった!

 

zu 不定詞の作り方

今回は、 zu 不定詞という文法について解説します。

 

zu 不定詞は、次のように作られる表現です。

 

zu + 不定詞(動詞の原形)

 

※ただし、分離動詞の場合は、前綴り + zu + 動詞本体 になるので、注意!

例:
aufstehen(起床する)→ aufzustehen
abfahren(出発する) → abzufahren

zu 不定詞の基本的な意味・使い方

zu 不定詞の基本的な意味と使い方は、こちらの通りです↓

 

いろいろな意味で使われるけど、まずは2つ覚えよう!

 

zu 不定詞の基本的な意味・使い方
  1. 主語や述語、目的語として「~すること」
  2. 名詞と一緒に「〜する(ための)」

 

主語や述語、目的語として「〜すること」

zu 不定詞は、「〜すること」という意味で、大きく分けて3つの使われ方をします。

 

①主語として

Deutsch zu verstehen ist für mich schwierig.

ドイツ語を理解することは、私にとって難しいです。

 

このように、「 zu 不定詞 → 動詞 → …」という順番で使われることもありますが、

大体の場合は、次のように es に主語の代わりをしてもらって、 zu 不定詞を後ろに送ります。

 

Es ist für mich schwierig, Deutsch zu verstehen.

ドイツ語を理解することは、私にとって難しいです。

 

このときの es形式主語と言います。

 

あれ、 Deutsch zu verstehen の前にコンマがついてるよ?

 

そうなんです。zu 不定詞句は、原則としてコンマで区切られるんです!

( Deutsch zu verstehen ist schwierig. のように、zu 不定詞句を文頭に置く場合はコンマは不要)

 

zu 不定詞句とは:
Deutsch zu verstehen のように、 zu + 不定詞の前に目的語などの要素があり、
1つの句(=まとまり)になったものを zu 不定詞句と呼びます。

 

ほかにも、述語や目的語として、「〜すること」の意味で使われます。

 

②述語として

Ihr Traum war, einmal mit ihrem Mann nach Österreich zu reisen.

彼女の夢は、いつか夫とともにオーストリアに旅行することであった。

 

③目的語として

Ich habe vor, in diesem Sommer meinen alten Freund zu besuchen.

この夏に私の昔からの友人を訪ねることを、私は予定しています。

 

おまけ:形式主語の省略
形式主語の es (と ist )は、くだけた会話では省略されることもあります。

wichtig zu lernen.
学ぶことは重要だ。

(本当は、 Es ist wichtig, zu lernen. )

 

名詞の後ろにくっついて「〜する(ための)」

zu 不定詞は、「〜する(ための)」という意味で、名詞の修飾語として使われることもあります。

 

Am Wochenende habe ich keine Zeit, Deutsch zu lernen.

ドイツ語を勉強する(ための)時間は週末ないなあ。

 

Ich habe keine Lust, mit dir ins Konzert zu gehen.

君と一緒にコンサートに行く気はないよ。

※ Lust :〜したいという気持ち

 

覚えておきたい zu 不定詞を使う表現

zu 不定詞は、動詞や前置詞と一緒に使われて様々な事柄を表現できます。

今回は、よく使うフレーズを5つだけ挙げておきますね♪

 

動詞と一緒に

aufhören + zu 不定詞句「〜することをやめる」

Man darf nie aufhören, immer etwas zu lernen.

いつも何かを学ぶことをやめてはいけない。

 

versuchen + zu 不定詞句「〜しようと頑張る、挑戦する」

Ich habe in den letzten drei Wochen versucht, um sechs Uhr aufzustehen.

私はここ最近の3週間、6時に起きようと頑張った

 

erlauben + zu 不定詞句「〜することを許可する」

In vielen islamischen Ländern ist es nicht erlaubt, Schwein zu essen.

多くのイスラーム系の国々では、ブタを食べることは許可されていない。(=食べてはいけない)

※ここは sein + erlaubt (過去分詞)で状態受動になっています◎

 

brauchen + nicht + zu 不定詞句「〜する必要はない」

Sie brauchen morgen nicht ins Büro zu gehen.

あなたは明日、オフィスに行く必要はありません

先ほどもお伝えした通り、zu 不定詞を使うときは、文末の zu 不定詞句をコンマで区切るのが原則です。

しかし、 brauchen + nicht + zu 不定詞句の場合はコンマで区切らないというルールがあるので注意しましょう。

 

前置詞と一緒に

um + zu 不定詞句「〜するために」

Ich bin um 6 Uhr aufgestanden, um den Zug zu erreichen.

その列車に間に合うために、私は6時に起きました。

 

ohne + zu 不定詞句 「〜することなしに」

Sie ist nach Japan geflogen, ohne ihn zu sehen.

彼に会うことなく、彼女は日本へ行ってしまいました。

 

statt + zu 不定詞句「~する代わりに、~ではなくて」

Ich gehe zu Fuß, statt mit dem Zug zu fahren.

列車で行く代わりに、私は徒歩で行く。

 

すぐに使えそうな表現がたくさん!
そうだね!ここに書いてあるものが言えるようになるだけでも、いろんなことを表現できるようになるよ!

 

 zu 不定詞と、um + zu 不定詞の違い

これまで見てきた中で、

・名詞の後ろにくっついて「~する(ための)」という意味を表す zu 不定詞句

・「~するために」という意味を持つ um + zu 不定詞句

という、似たような内容を表す表現が2つ出てきました。

 

では、どうやって使い分ければ良いのでしょうか?

下の2つの文章を見てみてください。

 

Am Wochenende habe ich keine Zeit, Deutsch zu lernen.

Am Wochenende habe ich keine Zeit, um Deutsch zu lernen.

 

上の文では文末の zu 不定詞句が、直前の名詞「Zeit」を修飾し、「ドイツ語を勉強する(ための)時間(がない)」という意味になっています。

 

下の um + zu 不定詞句の文も「~するため」という日本語訳を考えると、上の文と同じで、一見意味が通っているように感じますよね。

 

しかし um + zu 不定詞句「~するために」という目的を表すため、これでは、

「ドイツ語を勉強するために、週末私は時間がない」

という不自然な文章になってしまうのです。

 

よってこの場合、正しい表現は、上の um がつかない文になります。

 

 

um + zu 不定詞句を使う場合は、例えば以下のような例文だと意味が通ります。

Ich wohne in Deutschland, um Deutsch zu lernen.

ドイツ語を勉強するために、私はドイツに住んでいる。

 

この例文では「ドイツ語を勉強する」という目的があり、その目的のために「ドイツに住む」という行動を取っていることがわかります。

自然に聞こえますよね!

 

zu 不定詞の使い方まとめ

今回は、 zu 不定詞の使い方を紹介しました!

使い方がたくさんあって覚えるのは大変ですが、その分マスターできれば表現の幅がグッと広がるので、少しずつ頑張りましょう〜♪

 

 

覚えよう!
zu 不定詞の作り方

  1. 通常の動詞、非分離動詞の場合:zu + 不定詞
  2. 分離動詞の場合:前綴り + zu + 動詞本体の不定詞 (※くっつけて一つの単語に)

zu 不定詞を使うときの注意

  1. 文末の zu 不定詞句は、原則コンマで区切る
  2. 主語として使うときは、形式主語の es を立てる

 

練習問題

最後に練習問題を用意したので、ぜひチャレンジしてみてください!

  1. 英語を理解することはとても重要だ。
  2. 彼の願いは、世界一周旅行をすることだ。( eine Weltreise machen )
  3. 私の母は、その本を読むことを私に勧めた。( empfehlen )
  4. 私は今日、私の部屋を掃除する気がない。( mein Zimmer aufräumen ※分離動詞)
  5. ここでタバコを吸うことは許可されていない。( rauchen )
  6. その試験に合格するために、彼女はたくさん勉強した。( die Prüfung bestehen )
  7. 彼はたくさん勉強することなく、その難しい試験に合格した。
  8. 私の父親は昨日の夜、ビールを飲む代わりに、コーラを飲んだ。(Cola trinken)
答えを見る
  1. Es ist sehr wichtig, Englisch zu verstehen.
  2. Sein Wunsch ist, eine Weltreise zu machen.
  3. Meine Mutter hat mir empfohlen, das Buch zu lesen.
  4. Ich habe heute keine Lust, mein Zimmer aufzuräumen.
  5. Es ist nicht erlaubt, hier zu rauchen.
  6. Sie hat viel gelernt, um die Prüfung zu bestehen.
  7. Er hat die schwierige Prüfung bestanden, ohne viel zu lernen.
  8. Mein Vater hat gestern Abend Cola getrunken, statt Bier zu trinken.

 

表現の幅を広げられる zu 不定詞。文法としては理解できたけど、実際に使うのは難しい…。
そんな方も多いのではないでしょうか?

学んだ文法を、読む・書く・話すなど様々な場面で活かせるように、Vollmond講師と一緒に練習をしましょう♩

 

 

この記事を書いた人

  凡さんす

大学4年生です。ライターしてます。来年秋から、英国エセックス大学の修士課程で中東の紛争の研究します。趣味でドイツ語を学び、勉強開始から3ヶ月で独検4級取得。

Twitter(@academicocktail):「読み手の頭を動かすツイート」してます。ジャンルは政治ニュース中心。

ブログ「学問のカクテル」:「勉強」が好きな方は気に入っていただけると思います。ジャンルは政治ニュース、哲学、大学院留学準備など。

お仕事の依頼はTwitterかenjoyscholarship@gmail.comまで!

 

編集:komachi(Vollmondドイツ語講師)
ㅤㅤㅤkosuzu(Vollmondドイツ語講師)