動作受動と状態受動の違い:ドイツ語受動態をじっくり解説!

 

ドイツ語の受動態は2種類あるって本当?
その通りだよ!

 

何が違うの??
よし、今日はその違いを勉強しよう!

 

今回は受動態の文法を徹底解説します!ドイツ語試験のschreibenの部分では、この受動態を駆使することによってよりよい文章が書けるようになりますよ^^大切な文法のひとつなので、じっくりとマスターしていきましょう!

 

受動態(Passiv)とは?

はじめにドイツ語における受動態について少しお話しします。受動態はドイツ語で、Passivといいます。「△△が(◯◯によって)〜される」といったような日本語に訳せます。能動文(普通の文)では、◯◯が主語になりますが、受動文においては△△が主語になります。

 

日本語では大きな違いはないかもしれませんが、ドイツ語には2種類の受動態の形があります。それが、動作受動(Vorgangspassiv)と状態受動(Zustandspassiv)と呼ばれるものです。

 

それぞれ詳しく解説していきます!

動作受動:Vorgangspassiv

はじめに動作受動(Vorgangspassiv)について説明します。

動作受動は、werdenを一緒に用いる必要があります。
werden + 動詞の過去分詞で「〜される」になります。過去分詞は文末にくるのも注意してくださいね!

重要werden + 動詞の過去分詞(文末)で「〜される」という動作受動を表現できる。

 

時制:現在形と過去形

受動態にも時制があります。(「〜される」「〜された」というように)

時制は、このwerden を変化させることによって表現できます。werden の時制変化をしっかり押さえておく事が大切です^^

現在形
ich werde wir werden
du wirst ihr werdet
er wird Sie werden

 

過去形
ich wurde wir wurden
du wurdest ihr wurdet
er wurde Sie wurden

 

実際の文章にすると、このようになります。↓

現在形: Der Student wird heute operiert.
過去形: Der Student wurde gestern operiert.

現在形: その学生は今日手術される。
過去形: その学生は昨日手術された

 

他にも色々な言い方があります。以下は参考までに!

未来形: Der Student wird operiert werden.
現在完了形: Der Student ist operiert worden.
過去完了形: Der Student war operiert worden.
(未来完了形: Der Student wird operiert worden sein.)

 

基本:動作受動の作り方

どのように受動文を作るのか、例文を見ながら確認していきましょう。

Ich esse den Kuchen.
私はこのケーキを食べる。

この文章は能動文です。

 

この例文において、4格目的語である「このケーキ」を主語にした場合の文章が、受動文ということになります。

  1. 「このケーキ」が主語になるので、den Kuchen ではなく、1格der Kuchen にします。
  2. そして次に来る動詞がwerdenです。例文の時制は現在で、且つ主語が単数なので、werden をwirdにする必要があります。
  3. essen (〜を食べる)を過去分詞の形、gegessen にします。

 

Der Kuchen wird gegessen.
このケーキは食べられる。

これが動作受動の基本型になります。

 

応用:「〜によって」

先程の例文でケーキを食べているのは「私」なので、「私によってこのケーキは食べられる」と表現したい場合は(なくても問題はありません)、von+ (3格/Dativ)(動作の人物)を入れてください。

Der Kuchen wird von mir gegessen.
このケーキは私によって食べられる。

 

能動態の主語が人(動作主)の場合はvon+(3格/Dativ) 、方法・手段や原因の場合はdurch+(4格/Akkusativ) を用いてください。

 

例1) Die Glühbirne wurde von Edison erfunden.
豆電球はエジソンによって発明された。

例2) Mein Vater wird von einem Arzt untersucht.
私の父はお医者さんに診察される。

例3) Der Verkehrsunfall ist durch ein Kind verursacht worden.
この交通事故は一人の子どもが原因で発生した。

例4) Die Tür wird plötzlich durch den Wind geöffnet.
ドアは風によって突然開いた。

 

 

状態受動:Zustandspassiv

状態受動とは、「〜された状態にある」という結果の状態を強調する受け身表現です。この場合、sein+過去分詞を使います。「〜された状態にあった」と過去形を作りたい際はseinを過去変化させましょう。過去分詞は動作受動の時と変わらず

 

動作受動との違いがはっきりわからない、という方もいると思います。例文で確認していきましょう!

① Die Tür wird geschlossen.
ドアは閉められる。

② Die Tür wurde geschlossen.
ドアは閉められた。

③ Die Tür ist geschlossen.
ドアは閉められている状態だ。(→閉まっている)

④ Die Tür war geschlossen.
ドアは閉められている状態だった。(→閉まっていた)

 

上の文は「ドアが閉められる(ドアは閉まっている途中)」という動作にフォーカスを当てていますが、下の文では「ドアは(既に)閉められている状態にある」という今の状態にフォーカスを当てています。この2つの受動態の違いは何に焦点を当てているのか、ということです^^

重要sein + 過去分詞で「〜された状態にある」という状態受動を表現できる。

 

時制:現在形と過去形

上の例文①と②は動作受動の現在形と過去形、③と④は状態受動の現在形と過去形です。それぞれ微妙な違いがあります。

 

① Die Tür wird geschlossen.
ドアは閉められる。

② Die Tür wurde geschlossen.
ドアは閉められた。

① は今まさにドアが閉められている途中です。
② は過去に誰かによってドアが閉められました。(おそらく今も閉まっているかも。)

 

③ Die Tür ist geschlossen.
ドアは閉められている状態だ。(→閉まっている)

④ Die Tür war geschlossen.
ドアは閉められている状態だった。(→閉まっていた)

③ はドアは現在閉まっている状態です。
④ は過去にドアは閉まっていました。(現在は再び開いているかもしれません。)

 

状態受動を使った例文一覧

状態受動はなかなか理解しにくい文法の一つです。だからといってあやふやにせず、積極的に問題に取り組む等して下さいね。

 

いくつか状態受動の例文をあげておきます。

Das Fahrrad ist schon repariert.
自転車はすでに修理されてある(状態である)。

Das Fenster ist schön geputzt.
窓は綺麗に磨かれてある(状態である)。

Die Bücher sind mit Staub bedeckt.
本はホコリで覆われている(状態である)。

Der Mann ist schwer verletzt.
その男性は重傷を負っている(状態である)。

(〜状態であった)という過去を表す場合はseinを変化させましょう。(上記例④参照)

 

受動態における注意点!

次の文を受動文に書き換えてみてください。

① Ich übersetzte den Brief ins Englische.
私はこの手紙を英語に翻訳した。

② Wir laden unsere Freunde zum Essen ein.
私たちは友人達を食事に招待する。

 

ポイントは、何を主語にするか、です。

4格目的語にあたる、「この手紙」と「友人達」を主語にして文章を作ってみましょう!

 

受動文にするとこのようになります。

Der Brief wurde (von mir) ins Englische übersetzt.
この手紙は(私によって)英語に翻訳された。
※werdenの時制、動詞を過去分詞にすることに注意してください。

Unsere Freunde werden (von uns) zum Essen eingeladen.
友人達は(私たちに)食事に招待される。

 

ここで受動態における注意点についてまとめてみます。

時制に注意すると書きましたが、werdenをwurdeに変えることによって受動態の過去形を表現できます。その他の単語が変わる事はないので、過去形や現在完了形で受動文を書きたい場合はwerdenを変化させるということを頭に入れておきましょう^^

 

受動態にする時、しない時

そしてもう一つ、ドイツ語の受動態において、誰がその行為をする(した)のかという動作主の存在はさほど重要ではないということも頭に入れておいて下さいね。

 

実は日本語に受動文って多いんです!

例えば「昨日彼氏に言われたんだけど…」。これを文法を意識しながら書くと「私は昨日彼氏によって言われました」となり実は受動文になっています。

しかし、これをドイツ語で言うときは受動態は使わず”Mein Freund hat mir gestern gesagt.…”と能動文で表現する方が自然です。日本語に訳すと「彼氏は昨日私に言いました」。これは逆に日本語では少し不自然に聞こえるでしょうか?

 

ではどういった時に受動態を使うのかと言うと、「(誰/何)によって」かが重要ではないまたは明らかでない場合です。例えば、財布を盗まれたとき。誰に盗まれたか分からない=主語が分からない場合が多い、または「誰が」盗んだかよりも「私の財布が」盗まれたことの方が伝えたい内容として重要な場合が多いのではないでしょうか(^^)

 

この違いを理解しておくだけで、スピーキングやライティングがぐっと楽しくなります。頭の片隅に入れておいてください◎

まとめ

受動態は覚えるべきルールがたくさんあって、マスターしたと思っても何度も繰り返し学習するべき文法だと思います。インターネットにもたくさんの練習問題が掲載されているので積極的に取り組んでいきましょう^^

まとめ

  • 動作受動: werden + 過去分詞
  • 状態受動: sein + 過去分詞
  • 時制を変える場合はwerdenもしくはseinを変化させる

 

Vollmondでは老若男女 様々な方がご自身のペースでドイツ語を勉強しています:)

ドイツ語が必要な人もそうでない人も、日本にいる人も海外にいる人も、ひとりでも多くの方がアクセスできるドイツ語教室を私たちは目指しています。ぜひ一緒にドイツ語を勉強しましょう☺︎

ドイツ語レッスンを受ける

 

 

この記事を書いた人:

Kaori

 

大学でドイツ語文学部(Germanistik)を専攻、卒業後ドイツで1年間語学留学しました。私もまだまだドイツ語を勉強中ですが、少しでもお役に立てれば嬉しいです。
一緒にドイツ語高めていきましょう♪

編集:komachi(Vollmondドイツ語講師)