NHKラジオ「まいにちドイツ語」のすすめ

 

Hallo! ドイツ語講師のkomachiです。

 

早速ですがみなさんは『まいにちドイツ語』というNHKが提供するラジオサービスをご存知ですか?名前の通り月曜日〜金曜日までまいにち15分のドイツ語講座が流れるようになっています。

 

初心者向けの入門編中・上級者向けの応用編があり、入門編は月・火・水曜日に、応用編は木・金曜日に放送されています。完全無料で広告なども一切ありません。

 

2ヶ月ほど前から私はこのラジオ放送にどハマりしてしまいまして、先月(2019年10月)には本も購入して1ヶ月みっちり勉強してみました。入門編に関しては、学習者目線になるために「まいにちフランス語」を利用しました。

 

この記事では

  • 「まいにちドイツ語」の何がおすすめなのか
  • 初級者さん向けの効果的な使い方
  • 中・上級者さん向けの効果的な使い方
  • 1ヶ月みっちりやって変わったこと

について丁寧にご紹介していこうと思います。

 

「まいにちドイツ語」ここがいい

こんな人に利用してほしい

  • ドイツ語圏でドイツ語勉強中だけど、毎日疲れてなかなか自主勉強が捗らない
  • 留学やワーホリである程度できるようにはなったけど、日本に帰ってきてドイツ語力が落ちていくのが怖い
  • リスニングが苦手、ドイツ語が聞き取れなくて困っている
  • 日本の大学やスクールで勉強していて、授業外でも何かプラスαで身に付けたいけど何をしていいのか分からない
  • 「勉強」が好きじゃないから勉強感がなるべくない勉強がしたい
  • ドイツ語を独学で身につけたい!と強く思う
  • きっちり学びたいわけじゃなくて趣味として軽く触れたい

 

以上は私が実際に入門編・応用編を使ってみて感じた最適(ではないかなと思う)利用者層です。

 

では逆にどういう人には向いてないのかというと、

  • 分からないことが明確(動詞の使い方、文の作り方など)
  • ドイツ語を話せるようになりたいと強く思う
  • 文法用語(主語、目的語、副詞etc.)が苦手

な人です。分からないことが明確ならば直接質問するのが最適だし、話せるようになりたいという思いが1番なら話すのが最適だと思います^^ 文法用語に関しては、やはり限られた15分という時間で毎日進んでいくだけあって登場します。特に入門編で基礎を勉強したいという方は、用語が分からず文法も分からなくなってしまうこともあるのでは?と思った次第です。

 

そんな方は是非Vollmondをご利用ください◎マンツーマンレッスンなので分からないことは全てその場で質問でき、自分のペースで勉強を進められます。オールドイツ語で会話する人気の会話コースもあります。

Vollmondでドイツ語を学ぶ

 

いつでもどこでも何度でも聴ける

まいにちドイツ語の放送日時を紹介します(2019年11月7日時点)。

午前 7:00-7:15

午後 3:15-3:30

※入門編:月〜水|応用編:木・金

 

はやっ!起きてないし午後は仕事(学校)だし、むりだ…

と思った方!もう少しお待ちください!!

 

そんな人でも大丈夫な超便利サービスがあります。それがストリーミングサービスです。

ラジオストリーミングでは、前週放送した番組を聞くことができます。本放送の翌週月曜午前10:00から1週間掲載します。

NHKゴガクHPより

 

HP(または専用アプリ)上で先週分が何度でも聞き放題なんです。途中で止めてもう一度聞き直すこともできちゃいます。す、すごくないですか・・・?

はじめは毎度ネットページへアクセスしていたのですが、私は1ヶ月前からは専用アプリをインストールして使っています(^^)特に何が変わるわけでもないですが、「フランス語入門編」「ドイツ語入門編」「ドイツ語応用編」と気になる番組はまとめておくことができるので、気になる番組がたくさんある人にはアプリがお勧めできます☺︎

 

インターネットさえあればアクセスできるので、日本でもドイツでも、好きなところでどの時間帯でも大丈夫です◎何なら私自身は正規通りの時間(7:00-or15:30-)に聞いたことはないです・・。1つのエピソードに対し入門編は3回、応用編は2回最低聞くようにしています。

 

私がよく聞いているのは

  • 化粧をするとき
  • お皿洗いをしているとき
  • 料理をしているとき

など、家でひとりのときが多いです。

 

後で詳しく書きますが、ただ聞くだけでなく声を出すことが大事だと思っているので、電車の中や家に人がいるときは聞きません。あとは集中することも同じくらい大事なので、仕事など大切なことをしているときも聞きません。

 

ストリーミングで聞けるのは1週間前分だけなので、聞き逃してしまった場合などは例外なく一切聞くことができません。ただ、そんな人のために1ヶ月分まとめて聞けるCDサービスがあるようです。

 

 

専用の参考書もある

「音だけじゃ不安だなあ」という人のために専用の参考書もあります^^ 私は以下2冊書店で購入しました。値段は1冊500円以下でお手頃です。

入門編と応用編のテキストがそれぞれセットになっており、ラジオの内容はもちろん文化紹介や自主勉強に役立つ練習問題なんかも用意されていていい意味で想像を裏切られました◎

目的に合わせて定期購読や電子書籍購入もできるようです。

 

結論からいうと、初級者の方であればあるほど書籍の購入をおすすめします!

今回でいうと私はフランス語が超初級なのですが、購入して本当によかったです。実ははじめ1週間は書籍なしで音だけで頑張っていたのですが、ストリーミングを使って途中で音を止めたり何度も聞くことができるにせよ、スペルがわからない→ネットで調べられない→単語帳などを作ろうとも作れない→忘れるというまさに悪循環でした^^;

本があるとスペルが分かるのはもちろん読み方を書き込めたりすぐに復習ができるので、時間の使い方としていいなと思いました。

 

逆にドイツ語に関しては本が無くても全く問題ないことに気付きました。ただ、私はドイツ語を教える職業であり、今も生徒さんがいるので「あ、この表現教えなきゃ」「この単語は単語帳(生徒さんに配布しているオリジナルもの)に追加しよう」など新しい発見ができたのはすごくよかったなと思います。

 

 

レベル別:おすすめ勉強方法

ここでは実際に使って感じた効果的な利用方法をドイツ語のレベル別に紹介します。※勉強法に関しては目的&人によるが最適解なので、自分なりにアレンジして楽しく勉強してくれると私は嬉しいです。

初級さん向け

  1. 専用の参考書を購入しよう
  2. 1つのエピソードは最低3回聞こう(なるべく日をあけて)
  3. 1回目はテキストなし。聞こえた音はそのまま真似て発声しよう!
  4. 2回目はテキストあり。文字を見ながら発声して「こうやって綴ってたんだなあ」と脳に気付かせよう
  5. 3回目はテキストなし。綴りを思い浮かべながら発声しよう
  6. すきま時間にテキストだけ読んで、自分で発音してみる。発音が分からない箇所があれば聞き直してメモしておこう
  7. 大事なフレーズや単語はマーカーして別のノートや単語帳に随時まとめる→見返そう!

 

フランス語はこの方法で1ヶ月やって結構覚えることができたように感じます^^ 初級の方はよくもわるくも「何も知らない」ので、音をよく聞いて真似して発音するを徹底すると綺麗な発音やイントネーションが身につくように思います。中・上級になるとどうしてもバイアスが入ってしまうので・・。

 

中級さん向け

  1. 1つのエピソードを最低3回は聞こう
  2. 1回目はじっくり聞いて意味を考えたり、分からなかった単語を随時メモしていこう
  3. 単語や文法・意味を確認できたら、2回目!2回目はネイティブが話している箇所全て自分で後から続いて真似て発声しよう(シャドーイングでもいいし、その都度止めてもOK)
  4. 3回目はシャドーイング!2回目と同様ネイティブが話している箇所全て続いて重ねて発声しよう

 

上級さん向け

  1. 1つのエピソードを最低2回は聞こう
  2. 1回目はネイティブが話している箇所全て自分で後から続いて真似て発声しよう(シャドーイングでもいいし、その都度止めてもOK)
  3. 2回目はシャドーイング!1回目と同様ネイティブが話している箇所全て続いて重ねて発声しよう

 

 

どのレベルにおいてもいかに音をよく聞いて発声できるかがキーポイントです。「では、発音してください」と先生が言っていないところでも発声し、ボソッと呟くのではなく声を出すことが大事かな、と。これでもか!というくらい発声していくくらいでいいと思います◎

なぜ発声をこんなに推すのか、についても書きたいのですがあまりにも長くなってしまいそうなので別の機会に。「声を出す 語学 勉強」などで調べると色々記事が出てくると思いますのでそちらを参考に^^

 

 

1ヶ月みっちり勉強して変わったこと

フランス語入門編もドイツ語応用編も1エピソードにつき軽く3回以上は聞いていたので今回はそれを「みっちり」と定義することにします。

初級フランス語:楽しくなった

フランス語は以前も参考書を買ってテキストベースで文法などを少し進めていたのですが、続かず再挑戦したのが今回でした。

 

家のことをしながら聞けてかつ1回15分と短いので負担にもならず、声を出すのである意味ストレス発散にもなりフランス語がすごく身近なものに変わりました。また、参考書のみで勉強していたときが読み方が分からずもどかしい思いをすることも多かったのですが、「まいにちフランス語」ではまずは音から入るので読み方が分からないという壁はなくなり、話せることがすごく嬉しいなと思いました◎

独学で趣味として楽しみたい私にとってすごくいい教材のようです。

 

上級ドイツ語:リスニングが楽になった

ドイツ語の応用編はリーディングテキストとしては私が留学初期〜中期頃に勉強したようなレベル感なのですが、これをそっくりそのままシャドーイングするという行為は今の自分にとってもすごく得られるものが大きかったです。

 

生徒さんに教えるばかりでインプットが足りないなあと思っていた頃だったので余計にいい勉強となっています。相手が言っていることを何も見ずに聞いた音を頼りに一言一句発音するのは難しいですがリスニングの勉強にもなるし、言いながら意味・文法を考えるのもすごく身になります。

あとは単語・文法の復習にもなります。普段からドイツ語のポッドキャストなども聞いているのですが、意味や文法説明も全てドイツ語なので母語である日本語解説があるとやはり落ち着きますね^^頭での整理もやっぱり楽です。

 

使い方次第で色んな勉強ができるな、とラジオの可能性を感じています(^^)

 

 

 

以上、感情が高ぶりボリューミーな記事になりましたがいかがだったでしょうか。回し者では全くないのですが、少しでもまいにちドイツ語を聞く人がこの記事で増えたなら嬉しいなあと思います。好きなものはやっぱり共有したいよね!

 

 

Vollmondでは老若男女 様々な方がご自身のペースでドイツ語を勉強しています^^

ドイツ語が必要な人もそうでない人も、日本にいる人も海外にいる人も、ひとりでも多くの方がアクセスできるドイツ語教室を私たちは目指しています。ぜひ一緒にドイツ語を勉強しましょう☺︎

Vollmondでドイツ語を学ぶ

 

執筆:komachi