「トリックオアトリート」はドイツ語で?

 

ハロウィンの定番フレーズ「お菓子くれなきゃいたずらするぞ!」ってドイツ語にもあるの?
もちろん!

 

Süßes oder Saures

結論からいうと、ドイツ語でトリックオアトリートは“Süßes oder Saures”と言います。単語に身に覚えがある人もいるのではないでしょうか?

süß:甘い|sauer:酸っぱいと食べ物の味などを表現する際によく使う形容詞に似ていますね◎

 

“Süßes”も”Saures”もこれら形容詞が名詞に変わったものなので、直訳すると「甘いものまたは酸っぱいもの」。

 

上画像にあるよう”Süßes, sonst gibt’s Saures”とも言いますが、この記事ではよりポピュラーな”Süßes oder Saures”を取り上げます◎意味は両方同じです。

 

 

言葉の意味

Süßes:甘いもの

「甘いもの」は分かりやすいですね。キャンディーやチョコレートなど、お菓子(Süßigkeit)を指します。

お菓子くれなきゃいたずらするぞ!の「お菓子」ですね◎

 

Saures:酸っぱいもの

では「酸っぱいもの」とはなんでしょう。梅干しやレモンなど食べ物を指すのではありません。ここではいたずら(Streich)という意味で使われています。

ドイツ語の”sauer”は「酸っぱい」という意味だけじゃなく「怒っている」「辛い」のようなネガティブな意味で使うことも多いです。きっとそこからきているニュアンスなんでしょう◎

 

süß(甘い)とsauer(酸っぱい)という意味的に真逆のものを使いつつも、きちんと「お菓子」「いたずら」という意味にできているのがおもしろいポイントですね。

 

oder:または

この”oder”はトリックオアトリートの「オア」部分に当たります。

 

「お菓子(Süßes)ちょうだい!じゃないといたずら(Saures)するよ!」のような訳になりますかね。

 

おすすめYoutube

Halloweenに関する子供向けのドイツ語Youtubeも見つけたので紹介します☺︎

 

字幕ONにして一緒に発音するときっといい勉強になります◎

ハッピーハロウィーン!

 

 

Vollmondでは老若男女 様々な方がご自身のペースでドイツ語を勉強しています^^

ドイツ語が必要な人もそうでない人も、日本にいる人も海外にいる人も、ひとりでも多くの方がアクセスできるドイツ語教室を私たちは目指しています。ぜひ一緒にドイツ語を勉強しましょう☺︎

Vollmondでドイツ語を学ぶ

 

執筆:komachi