日本人が使いがちなドイツ語4選!初級~中級(練習問題付き)

更新日:

「明日連絡します。」ってドイツ語で言いたい時は、 kontaktieren を使えばいいのかな。

ドイツ語では、 kontaktieren よりはもっと具体的に話すことが多いんだ。ということで、今日は日本人が使いがち・間違えがちなドイツ語を4つ紹介していくよ!

上から順番に、初級から中級へ難易度が上がっていきますので、ぜひご自分のレベルに合わせて参考にしてくださいね!

先生の呼び方

ドイツ語で先生を呼びたいとき、皆さんはどのように言っていますか?

日本語では、例えば苗字が「こまち」だとすると、「こまち先生」と呼びますよね。
そのため、ドイツ語でも Komachi Lehrerin と言っている方を見かけます。

しかしドイツ語ではこのようには言わず、日本語の「~さん」に当たる Frau, Herr を使います。
Frau は女性に、 Herr は男性に使います。英語の Ms. Mr. と同じですね。

先ほどの例だと、 Frau Komachi になります。性別によって使い分けることさえ覚えていれば、難しくありません!

下の名前に Frau / Herr は使えないので、苗字と合わせて使うようにしましょう。

「楽しい」の表現は Spaß 以外にも

続いては、「楽しい」を表す Spaß という言葉についてです。

例えばこの言葉を使って、次のように表現することができます。

Deutschlernen macht mir Spaß.
ドイツ語勉強は楽しい。

日本語が母語の人は Spaß の使用頻度が多い印象があります。
日本語では日常会話で頻繁に「楽しい」「楽しかった」と言いますよね!

そのため、ドイツ語を話すときにも、その訳にあたる Spaß がよく使われている気がします。

ですが今回はせっかくなので、表現のレパートリーを増やすために、 Spaß 以外の言葉を使った表現も覚えてみましょう!

Es war witzig / lustig. おもしろかった。
Es war schön / toll. Ich fand es schön / toll. よかった。
Ich hatte eine schöne / tolle Zeit. いい時間だった。
Ich hatte eine sehr schöne / wunderschöne Zeit. とてもいい時間だった。

この「いい時間」を「楽しい時間」と捉えて、「楽しかった」と表現できるんですね!

ラフで若者言葉に近い “War geil!” という表現もあるよ!

1つの表現だけではなく、ぜひいろいろな表現を使ってみてください♩

Spaß は間違えて使う人が多い表現の1つです。「楽しい」と言いたいとき、Ich bin Spaß. や Ich habe Spaß gemacht. と表現してしまったことのある方は、こちらの記事をぜひご覧ください。
参考:間違える人が多いドイツ語表現4選

「連絡する」の言い方

次は少しレベルアップした内容です。

「連絡する」も日本語では、日常会話でもフォーマルな場面でもよく使う表現ですよね。

これに当たるドイツ語を調べると、 kontaktieren Kontakt aufnehmen が出てくるため、これらを利用している人が多いです。

しかし、 kontaktieren や Kontakt aufnehmen は、特に日常会話ではあまり使われません

ビジネスの場や、企業のホームページなどにあるお問い合わせという意味合いが強いです。

ドイツ語で「連絡する」と言いたいときは、もっと中身を具体的にしましょう。

一口に連絡すると言っても、メールを送る、電話をするなど様々な手段がありますよね。それを直接言うのが一番簡単です。

では、1つずつ見ていきましょう!

schreiben

メールやLINE、手紙などは、 schreiben (書く)で表すことが出来ます。

例えば、「明日君に(メールで)連絡するね。」と言いたいときは、

Ich schreibe dir morgen eine E-Mail.

となります。

LINEなどの場合は、

Ich schreibe dir morgen.

のみで伝わります。

anrufen / telefonieren

電話で連絡することもありますよね。その時は anrufen, telefonieren を使いましょう。

例えば、「明日君に電話で連絡するね。」と言いたいときは、次のどちらかの表現を使います。

Ich rufe dich morgen an.

Ich telefoniere morgen mit dir.

anrufen は、人の4格をとる分離動詞で、「~に電話をかける」という動作を表します。
一方で telefonieren は「 mit + 人(3格)」の形で、「~と電話をする」という行為を表します。

sprechen

直接口頭で伝える場合は sprechen を使います。

例えば、「私は君とまだ話さなければならない。(口頭で伝えたいことがある)」と言いたいときは、
Ich muss noch mit dir sprechen.
となります。

Bescheid sagen / sich bei ~ melden

こちらは、「知らせる」「報告する」といった意味合いでよく使われます。

Ich sage dir Bescheid, ob ich heute kommen kann.
今日来られるかどうか(=行けるかどうか)、君に知らせるよ。

Ich melde mich nach dem Urlaub bei dir.
休暇が終わったら、君に知らせるよ。

勉強していてこれらの表現に出会ったとき、文脈などから「こういう風に使うんだ!」と考えて覚えていくと、より使える語彙として身に付きます。

たくさん表現があって難しい…という方は、まずは使用頻度の高い schreiben を覚えましょう!

髪を切ったときの言い方

今回紹介する中で、一番高度でややこしいのがこちらです。

「私は髪を切りました。」と言いたい時、よくある間違いがこちらです。

Ich habe meine Haare geschnitten.

文法的にはあっていますが、これだと自分で髪を切ったことになってしまいます。

多くの方が他人に切ってもらっていると思うので、「~してもらう」という意味を持つ使役動詞 lassen を使うと、次のように言うことができます。

Ich habe mir die Haare schneiden lassen.

しかし、「この lassen の使い方が難しい!」と思っている方も多いのではないでしょうか?

そんな方に朗報です!実はこの時、ドイツ語では使役動詞を使う必要はありません!

より簡単で、かつ自然な言い方がこちらになります。

Ich war beim Friseur.

「私は美容院にいました。」という意味です。日本語とは感覚が違いますが、これで日本語の「私は髪を切りました。」と同じ感覚になります。

厳密にいうと、 Friseur は美容院ではなく美容師さんを指す言葉ですが、

zum Friseur gehen で「美容院に行く」

beim Friseur sein で「美容院にいる」

という意味になることを覚えておくと使いやすいです。

ちなみに病院に行く際も、 Krankenhaus (病院)ではなく Arzt (医者)を使います。

Ich gehe morgen zum Arzt.

私は明日病院に行く(=お医者さんのところに行く)。

練習問題

使いこなすためには、アウトプットが必要不可欠です!
以下の日本語をドイツ語にしてみましょう。

  1.  田中先生(男性)!質問があります。
  2.  あなたに(手紙で)連絡します。
  3.  すぐにLINEする! ※すぐに= gleich
  4.  何かうまくいかなかったら、私に連絡(報告)してね。 ※うまくいく(問題なく事が進む)= funktionieren
  5.  私、昨日髪切ったんだ。

答えを見る

まとめ

いかがでしたか?ドイツ語で話していても、日本語の考え方を応用してしまうことはよくあります。

自分のレベルに合わせて、ぜひ今後のアウトプットに活かしてくださいね。

まとめ
  1.  〇〇先生と呼びたいときは、 Frau / Herr を使う。
  2.  Spaß 以外にも「楽しい」を表す表現がある。
  3. 「連絡する」と言いたいときは、手段を具体的に。
  4. 「髪を切った」は Ich war beim Friseur.

ドイツ語オンラインレッスンの受講生募集中 🇩🇪 ♪

自然なドイツ語を身につけるためには、練習が欠かせません。
先生と一緒に会話練習を繰り返し、学んだ表現を自分のものにしていきましょう♩
Vollmondは日本人講師が多いので、初心者の方でも安心して受講できます。

ドイツ語オンラインレッスンの詳細をみる

執筆:komachi(Vollmondドイツ語講師)

執筆協力:Saaya

編集:kosuzu(Vollmondドイツ語講師)

内容・表現チェック:nico(Vollmondドイツ語講師)

ドイツ語単語 ドイツ語フレーズ