絶対間違えない!「副文」の仕組み(練習問題付き)

 

ドイツ語の「副文」ってなんだと思う?
「動詞を最後に置く文」のこと?
実はそう覚えていると案外つまづきやすかったりするんだ。今回はすぐに副文の仕組みがわかる覚え方をレクチャーするよ!

 

副文は「動詞を最後に置く文」と考えられがちですが、実はこれだと特にドイツ語初級・中級者の場合、文が複雑になるほど混乱してしまう場合が多いです。

この記事ではドイツ語講師の私が普段から教えている副文の仕組みを、例文を交えながら分かりやすく紹介します。

副文とは〇〇な文である!

副文って何のこと?

まずは例文を確認してみましょう。

Ich denke, dass japanisches Essen lecker ist.
(私は、日本食は美味しいと思う。)

*dass :〜ということ

この例文の中で、dass 〜 ist までが副文といわれる部分です。ちなみに、その前の部分(Ich denke, …)については主文と呼びます。

絶対間違えない!副文の「仕組み」

ここで、副文の仕組みを紹介します。この記事を読み終えるまでに、必ずマスターしてほしい大事なポイントです。

覚えよう!
副文:普通の文(=平叙文)に二番目にきている動詞が文末に移動している文

一体どういうことなのか、例文を使って確認していきましょう。

 

まず、上の例文中の副文を、平叙文(=普通の文)で表してみます。

Japanisches Essen ist lecker.
(日本食は美味しい。)

これが副文になると、下のようになります。

(, dass) japanisches Essen lecker ist.

 

このように、平常文では二番目に来ていた動詞 ist が文末に移動しているのが分かります。

「二番目に動詞を置く」がドイツ語において最も重要といっても過言ではない文法ルールでしたね。副文になるとこの動詞が一番後ろに移動します。それとは対照的に、他の要素についての変化はありません。

 

もう一つの例文でも確認してみましょう。


Ich weiß nicht, ob er heute kommt.
(彼が今日来るのかどうか、私は知らない。)

*ob:〜かどうか

ここではob以下が副文となります。

 

この副文を、平叙文で表すと、

Er kommt heute.
(彼は今日来る。)

これを副文にすると、下のようになります。

(, ob) er heute kommt.

 

ここでもやはり普通の文で二番目に来るべき動詞が最後にきていることが分かりますね。

大前提として普通の文をしっかり作れるようになりましょう。

喋っている時はともかく、書いて副文の練習をしている時に、自分の答えが全然合わないということであれば、平叙文がしっかり作れているかどうか、一度立ち返ってみてください。

平叙文(基本)をマスターすれば、副文も簡単に作れるようになります。

 

完了形を用いる場合

時制が過去の場合、ドイツ語では過去形の他に完了形を用いることができるのでしたね。

完了形を用いた副文を確認してみましょう。


Ich weiß, dass du gestern Deutsch gelernt hast.
(君が昨日ドイツ語を勉強したことを、私は知っているよ。)

ここでも dass 以下が副文となっています。

 

これを平叙文に直してみます。

Du hast gestern Deutsch gelernt.
(君は昨日ドイツ語を勉強した。)

二番目は hast ですね。副文の作り方に則ると、これが文末に来ますので、以下のようになります。

(, dass) du Deutsch gelernt hast.

 

副文=動詞が最後にくる、という覚え方よりよく起こる間違いは dass du Deutsch hast gelernt などという文です。 gelernt を動詞だと思っている人がほとんどのため最後に置いてしまいます。

副文=二番目が最後にくる、という覚え方だとこの間違いがぐんと減ります!

 

助動詞を用いる場合

今度は助動詞を用いて副文を作ってみましょう。

(参考)ドイツ語7つの助動詞のキホンを押さえよう!意味と使い方まとめ


Ich denke, dass er nach Berlin fahren möchte.
(彼はベルリンに行きたいんだと、私は思う。)

 

dass 以下の副文を平叙文に直します。

Er möchte nach Berlin fahren.
(彼はベルリンに行きたい。)

二番目にくる動詞 möchte を文末に持ってくると、やはり副文になります。

, dass er nach Berlin fahren möchte.

 

このように、助動詞(=möchte)と本動詞(=fahren)が含まれている文や、先ほどの完了形のように、動詞が複数あるように見えるパターンの副文も存在します。そのため、最初に言われていたような「動詞を最後に置く文」という覚え方をしていると、混乱しやすくなってしまいます。

副文に苦手意識のある人はぜひ、「普通の文なら二番目にきている動詞が最後に移動している文」と覚えましょう。

 

分離動詞を用いる場合

最後に、分離動詞を確認しましょう。

(参考)ドイツ語の「分離動詞」って一体なに?基本の使い方をマスターしよう!


Ich weiß nicht, wann sie morgen aufsteht.
(彼女が明日いつ起きるのか、私は知りません。)

 

この場合、 wissen の代わりに kennen は使えません後ろに副文を取る場合、必ず wissen がきます。

また、 wann ではなく wenn を用いるのも間違いです。wann は「いつ」、wenn は「〜する場合」と、異なる意味合いを表します。英語の when と似ているので、引きずられないようにしましょう。

(参考)ややこしい!:wannとalsとwennの違いを整理

 

wann 以下が副文ですから、これを平叙文に直します。

Sie steht morgen auf.
(彼女は明日起きる。)

aufstehen は分離動詞なので、平叙文の場合、前綴り auf が文末にきています。副文にする場合には、文の二番目にある動詞である steht を文末に移動させます。

(, wann) sie morgen aufsteht.

綴る時には、分離していた前綴りと動詞は一語で書くようにしましょう。

 

まとめ

この記事では副文の仕組みを分かりやすく解説しました。

「普通の文なら二番目にきている動詞が最後に移動している文」という原則は、過去形や再帰動詞など、今回紹介できなかった動詞を使う場合など、どんなパターンの副文にも適用することができます。

覚えよう!
  1. 副文とは普通の文(=平叙文)なら二番目にきている動詞が文末に移動している文である。
  2. いかなる動詞(過去形・完了形・助動詞・分離動詞etc…)を用いた副文でも、上記の原則は変わらない。

副文を取る接続詞一覧

副文を取る接続詞は従属接続詞と言いますが、その中でも特に重要なものを以下まとめています。

まずはこれを覚えてしまいましょう!

(参考)他にも知りたい方は:ドイツ語の接続詞、種類別まとめ【一覧表付き】

練習問題

最後にいくつか練習問題を用意しておきましたので、ぜひ復習に解いてみてくださいね。

  1. 何故あなたたちは、彼がそれをやったと思うのですか?:Warum glauben Sie, dass …?
  2. 今あなたが言ったことが、私には理解できませんでした。:Ich verstehe nicht, was ….
  3. 彼は君が昨日私のところへ来たことを知っているよ。:Er weiß, dass ….
  4. 彼らが彼のことをあまり好きじゃないにしても、パーティには呼ぶべきだった。:Sie sollten ihn zur Party einladen, obwohl ….
  5. ドアを本当に閉めてきたかどうか、私には定かでない。:Ich bin nicht sicher, ob ….
答えを見る
  1. Warum glauben Sie, dass er es/das gemacht hat?
  2. Ich verstehe nicht, was du gerade gesagt hast.
  3. Er weiß, dass du gestern zu mir gekommen bist.
  4. Sie sollten ihn zur Party einladen, obwohl sie ihn nicht mögen.
  5. Ich bin nicht sicher, ob ich die Tür wirklich abgeschlossen habe.

 

ドイツ語の副文は仕組みを理解するのは簡単ですが、難しいのは何よりも話すとき!動詞の置き忘れ、変化し忘れetc..

1番の近道は何度もアウトプット(話す・書くなど)すること♩

 

Vollmondはマンツーマンか少人数レッスンなので、たくさんアウトプットすることができます◎一歩一歩着実に、頑張ってドイツ語を勉強してみませんか?

 

執筆:komachi
執筆協力:Aozumi