ドイツ語“dürfen”を分かりやすく徹底解説!マスターしよう!

 

わあ〜!美味しそう!このクッキー食べてもいい?

そのクッキーは食べちゃダメだよ!プレゼント用なんだ!

なんだ〜残念…。あれ、今みたいな質問はドイツ語でどう言うの?

“dürfen”を使う表現だね。今日はその勉強をしようか!

 

「許可」の意味でよく用いられる“dürfen“ですが、実は「禁止」「当然」「推量」など他の意味を持つのをご存知でしょうか?この記事ではひとつひとつ丁寧に解説していきます。

話法の助動詞のおさらい

話法の助動詞ってなんだっけ…
文の構成はどうすればよかったかな…
他にどんな助動詞の種類があったかな?

と思った方は、助動詞のキホンをまとめた記事がアップされているのでそちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

dürfenの基本の意味

活用法:現在形
ich darf wir dürfen
du darfst ihr dürft
er/sie darf Sie dürfen

 

活用法:過去形
ich durfte wir durften
du durftest ihr durftet
er/sie durfte Sie durften

 

活用法:過去分詞
gedurft (dürfen*1)

活用法:接続法Ⅱ
dürfte

*1. 完了時制の過去分詞は、他の動詞の不定詞を伴う場合、gedurftではなく不定形と同じdürfenになります。例②のように言うこともできますが、実際はあまり使われません…。

例① Man hat hier fischen dürfen.
ここでは釣りが許されていた。

例② Ich habe etwas getan, was ich nicht gedurft habe.
私はしてはいけないことをしてしまった。

 

 

①「許可」〜してもよい

このクッキー食べてもいい?

ネコさんが男の子に言ったこの許可を求める質問は、助動詞dürfen を使って、

Darf ich diese Kekse essen?

となります。

 

抑えよう!Darf ich …? の形で、〜してもいい(ですか)?という表現になります。

Darf ich…? のdarf を接続法Ⅱ dürfte を用いて Dürfte ich …? にするとより丁寧な表現になります。

 

では、もし男の子が、

うん、食べてもいいよ!

と言っていたら、

Ja, du darfst sie essen!

※sieはdie Kekseのことです。die Kekseと書いても問題ありませんが、同じ単語の繰り返しを避けるため代名詞を使用します。die Kekseはder/das Keksの複数形、essen + ◯◯[4格](〜を食べる)なので、複数形かつ4格の代名詞sieとなります。

 

このように答えることができます。
(もしくは、Ja, du kannst sie essen! でも伝わります。)

 

 

ではdürfenとkönnenの違いは何なのか?と思われる方もいるでしょう。
können は「可能(能力)」と「可能性」の他に「許可」の意味も持ちます。

簡単にいうと、könnenが示す「許可」の意味はdürfenのそれに比べて弱いです。〜してもいいかどうか、という許可を求めることを念頭に置くならば、könnenよりdürfenの方が丁寧で具体性があると言われています。

können だとこのような返答をもらってしまうことがあるかも…!?

Kann ich diese Zeitung lesen?
この新聞を読んでもいいですか?

― Ich weiß nicht, ob du sie lesen kannst.
君がそれを読めるかどうかなんて僕は分からないよ。

 

 

②「禁止」〜してはいけない

そのクッキーは食べちゃダメだよ!

男の子は食べちゃダメ!と禁止していましたね。

このような禁止も、助動詞dürfenを使って表現することができます。

 

先ほどの男の子のセリフはドイツ語で、

Nein, du darfst sie nicht essen!

となります。

 

抑えよう!助動詞dürfenと、否定詞(nicht/kein)を共に用いることで、〜してはいけないという禁止を表現します。

 

「〜してはいけない」と聞くと、ついつい「〜しなければいけない」という義務の意味を持つmüssenに否定詞を付けたくなってしまいますよね。しかしmüssenに否定詞を付けると、「〜する必要はない、しなくてもよい」という意味になります。

 

注意:dürfenとmüssen の否定形の違いdürfen + nicht/kein … : 〜してはいけない(禁止)
müssen + nicht/kein … : 〜しなくてもよい、〜する必要はない

 

③「当然」〜して当然だ

許可禁止以外にも、当然「〜してあたりまえだ、〜しておかしくない」という意味も持ちます。(否定形だと「〜は筋が通らない」と訳せます。)

Du darfst stolz auf deinen Sohn sein.
君が、君の息子を誇りに思うのは当然だ。

Das darf nicht wahr sein.
そんなのありえないよ。

 

dürfen を別のドイツ語で表現する

許可や禁止の表現はdürfenをつかえばいいんだね!それ以外の表現はないの?
いいところに気が付いたね。じゃあdürfenの言い換え表現を見ていこうか!

① dürfen「許可」の類義語

  • es ist erlaubt, …
  • es ist gestattet, …
  • die Erlaubnis/das Recht haben, …
  • die Genehmigung bekommen/haben, …

erlaubt: 許可されている = gestattet
die Genehmigung: 許可、認可

 

Man darf hier spielen.
Es ist erlaubt/gestattet, hier zu spielen.
ここで遊ぶことは許可されている。

Er darf sein Auto verkaufen.
→Er hat die Erlaubnis, sein Auto zu verkaufen.
彼は、彼の車を売ってもいい許可がある。

 

② dürfen+nicht/kein「禁止」の類義語

  • es ist verboten, …
  • es ist nicht erlaubt, …
  • keine Erlaubnis haben, …

Man darf nicht hier rauchen.
Es ist verboten, hier zu rauchen.
ここでの喫煙は禁止されている。

Man darf nicht hier schwimmen.
Es ist nicht erlaubt, hier zu schwimmen.
ここで泳ぐことは許可されていない。

Ich darf nicht alleine ins Ausland gehen.
→Ich habe keine Erlaubnis, alleine ins Ausland zu gehen.
私は1人で海外へ行く許可を得ていない。

 

dürfen が持つ他の意味

dürfenが接続法第Ⅱ式の形で表現されている文は、「許可」や「禁止」とは違った意味を持つことがあります。〜らしい、〜のようだといった推量を表します。

「推量」接続法Ⅱ”dürfte”

Das dürfte möglich sein.
それは可能かもしれませんね。

Lisa dürfte drei Kinder haben.
リサは3人子どもがいるらしいよ。

Meine Freunde dürften schwimmen gegangen sein.
私の友達は泳ぎに行ったようだ。

 

推量を表現することができる助動詞は他にもkönnenやmüssenなどがあります。

könnenが50%の確信度、müssenが100%の確信度とすると、dürfte(←※接続法Ⅱ の形のみなので注意!)は、75%ほどの確信度になります。

 

 

まとめ

話法の助動詞dürfenについて、最後に意味をまとめてみましょう。

dürfen① 許可:〜してもよい
② (否定詞と共に)禁止:〜してはいけない
③  当然:〜して当然だ
④ (接続法Ⅱdürfteの形で) 推量:〜らしい

使い方をマスターするには、実際に書いたり話したりするのが1番です。伝えたい気持ちが大切!

間違いを恐れずに声に出してみましょう^ ^

 

 

Vollmondでは老若男女 様々な方がご自身のペースでドイツ語を勉強しています^^

ドイツ語が必要な人もそうでない人も、日本にいる人も海外にいる人も、ひとりでも多くの方がアクセスできるドイツ語教室を私たちは目指しています。ぜひ一緒にドイツ語を勉強しましょう☺︎

Vollmondでドイツ語を学ぶ

 

 

この記事を書いた人:

Kaori

 

 

大学でドイツ語文学部(Germanistik)を専攻、卒業後ドイツで1年間語学留学しました。私もまだまだドイツ語を勉強中ですが、少しでもお役に立てれば嬉しいです
一緒にドイツ語高めていきましょう♪

 

編集:komachi(Vollmondドイツ語講師)

One thought on “ドイツ語“dürfen”を分かりやすく徹底解説!マスターしよう!

この投稿はコメントできません。