【接続法Ⅱ式】ドイツ語の重要文法をマスターしよう!

 

今日は接続法Ⅱ式の勉強をしよう!

接続法…ってなんだっけ?

確かに聞き慣れない言葉だよね。詳しく解説していくよ〜!

 

接続法って何?いつ使うの?

はじめに接続法(Konjunktiv)とは何か、どのような場面で使うのかを説明します。接続法は、直接法や命令法とならぶ、動詞の語形変化体系の一つです。接続法の基本形は2種類あり、不定詞語幹から作られるものを接続法Ⅰ式、過去基本型から作られるものを接続法Ⅱ式と呼びます。

 

今回は日常で見聞きすることが多い「接続法Ⅱ式(Konjunktiv Ⅱ)」に焦点を当てて解説をしていきます!

接続法Ⅱ式は非現実を表現します。「もし〜だったら、〜なのになあ」といったような非現実を想定する仮定的な意味合いになります。さらに日常では婉曲(より丁寧にものを言う)的に使われることが多いです。

 

接続法Ⅱ式は先ほども述べたように、過去基本形から作られます。ルールを覚えてしまえばそこまで難しくはありませんが、慣れるまでは複雑ですよね。

しかし接続法Ⅱ式で使われる動詞はほぼ限られているんです!それさえ抑えておけば、会話もスムーズになります!今回はその動詞と活用形も紹介します^^

 

接続法Ⅱ式の動詞の活用形

作り方

はじめに、接続法Ⅱ式はどのようにつくるのかを説明します。

① 規則動詞は過去基本形をそのまま用います。
例) kaufen → kaufte (過去形かつ接続法Ⅱ式)

② 強変化動詞は過去基本形に接続法語尾-e を付けます。過去基本形の幹母音(語幹のなかにある母音)がa,o,u の時はウムラウトになります。
例)

原形 過去形 接続法Ⅱ式
gehen ging ginge
sehen sah sähe

 

③ 混合変化動詞は過去基本形の幹母音がウムラウトになります。ただし、kennen型の動詞では幹母音aがeに変化します。
例)

原形 過去形 接続法Ⅱ式
bringen brachte bräuchte
wissen wusste wüsste
kennen kannte kennte
wenden wandte wendete
brennen brannte brennte

 

覚えておくべき4つの動詞

説明を聞くと少しややこしいですね。しかし実際、接続法Ⅱ式で使われる動詞はほぼ次のものに限られています!なので次の動詞は絶対覚えておくようにしましょう^^

  1. wäre (sein)
  2. hätte (haben)
  3. würde (werden)
  4. 助動詞
「えっじゃあ普通の動詞(kaufen, kommen..)を言いたい時はどうするの!?」となった方もいるのではないでしょうか。そういうときは接続法Ⅱ式自体にはwerdenまたは助動詞を使い、動詞の原形を文末に置くことがほとんどです。詳しくは下で説明しています。

 

人称変化活用

seinの接続法Ⅱ式
ich wäre wir wären
du wär(e)st ihr wäret
er/sie wäre Sie wären

 

habenの接続法Ⅱ式
ich hätte wir hätten
du hättest ihr hättet
er/sie hätte Sie hätten

 

werdenの接続法Ⅱ式
ich würde wir würden
du würdest ihr würdet
er/sie würde Sie würden

 

注意:ichとer/sieの活用は同じ(=接続法Ⅱ式基本形)

各助動詞に関しては接続法Ⅱ式基本形のみ書いておくので、ぜひ自分で表を書いてみてくださいね◎

原形 接続法Ⅱ式
können könnte
dürfen dürfte
müssen müsste
wollen  wollte
sollen sollte
mögen möchte

※möchtenは厳密にいうとmögenの接続法Ⅱ式なので、過去形もそれに伴う接続法Ⅱ式もありません。

各助動詞の意味も合わせて確認しましょう:ドイツ語の助動詞

 

使い方① 非現実

接続法Ⅱ式の活用形がわかったところで、次は基本的な使い方の解説をしていきます。

もっとお金を持っていれば、もっと旅行ができるのに!

この日本語をドイツ語に訳すと、

Wenn ich mehr Geld hätte, könnte ich mehr reisen.

のようになります。

 

基本的な形は、「Wenn + 主語 + 目的語 + 接続法Ⅱ式, 接続法Ⅱ式 + 主語 +目的語 + 動詞の不定形」で、日本語では「もし〜だったら、〜なのになあ」という訳になります。英語のif 構文にあたりますね。

注意して欲しいのが、「もし〜だったら」の条件の部分が、『wenn … + 接続法Ⅱ』にあたるということです。順番を逆にしないようにしましょう!そしてwenn構文が副文としてポジション①となるので、後半の文章のはじめに接続法Ⅱ式がきます。※主文と副文は逆でも大丈夫です。

 

練習問題

少し複雑な構造かもしれませんが、何回も練習すれば慣れます^^下の例文を参考にしながら、自分でも文章を作ってみましょう!

 

もしこの本が興味深いのであれば、僕はこれを読むのになあ。

  1. Wenn das Buch interessant wäre, läse ich es.
  2. Wenn das Buch interessant wäre, würde ich es lesen.

*lesen→las(過去形)→läse(接続法Ⅱ式)
*①と②のどちらでも合っていますが、①は書き言葉で使われることが多いです。口語では基本的に②のような表現をします。

押さえよう!sein, haben以外の動詞を接続法Ⅱ式を使って現在時制で表現したい場合、基本的にはwürdeまたは助動詞(könnte, sollte, müsste..)+文末に動詞の原形を使う

 

Wenn ich Flügel hätte, würde ich sofort zu dir fliegen.
もし翼があれば、すぐに君のもとに飛んでいくのに。

Wenn der Weg zum Bahnhof nicht so weit wäre, könnten wir zu Fuß gehen.
もし駅までの道がそんなに遠くなければ、私達は歩いて行けるのになあ。

 

時制を過去に

過去時制を表現する際は、現在完了形を思い出しましょう。haben/sein+過去分詞でしたよね。としたら、そのhaben/sein部分を接続法Ⅱ式に変えてあげるといいですね!

Wenn ich vor 5 Jahren viel Geld gehabt hätte, hätte ich ein teures Auto gekauft.
もし5年前にお金をたくさん持っていたら、高い車を買えたのになあ。

Wenn ich damals viel Zeit gehabt hätte, wäre ich ins Kino gegangen.
もし当時時間がたくさんあったら、映画館に行ったのになあ。

 

使い方② 婉曲表現

使い方①では非現実の仮定的な意味を説明しましたが、接続法Ⅱ式には婉曲の意味もあります。レストランでの会話や人にお願いする際など、より丁寧に表現したい時によく使われます。例文を見ながら確認してみましょう!

  1. ひとつ提案があります。
    Ich habe einen Vorschlag.
  2. ひとつ提案があるのですが。
    Ich hätte einen Vorschlag.

 

  1. 窓を閉めてもいいですか?
    Darf ich das Fenster zumachen?
  2. 窓を閉めてもよろしいでしょうか?
    Dürfte ich das Fenster zumachen?

 

  1. 手伝ってくれませんか?
    Können Sie mir helfen?
  2. よければ手伝ってくださいませんか?
    Könnten Sie mir helfen?
  3. もしよろしければ手伝ってくださいませんか?
    Könnten Sie mir vielleicht helfen?

*接続法Ⅱ式を使って頼みごとをする場合、vielleicht/malを一緒に使うとより丁寧なニュアンスになります。

 

覚えておきたい定番フレーズ

接続法Ⅱ式を使った定番フレーズもあります。

hätte gern…:〜がほしい/ください
Ich hätte gern einen Apfelsaft.
リンゴジュースください。

würde gern …. 動詞の原形:〜したいのですが
Ich würde gern mit Ihnen sprechen.
あなたとお話ししたいのですが

Ich möchte … でも、「〜がほしい/したい」と表現することはできますが、habenやwerdenの接続法Ⅱを使った方がより丁寧なので、親しい間柄でない場合はこちらを使うよう心がけるといいかも^^

 

使い方③ 後悔・非難

hätte… + 本動詞 + sollen/können後悔非難を表現することもできます。

Wir hätten früher unsere Reise planen sollen.(後悔)
もっと早く旅行の計画をするべきだったね。

Du hättest das nicht tun sollen. (非難)
君はそれをすべきではなかったよ。

Das hättest du doch schon früher sagen können.(非難)
それもう少し早く言えたんじゃない?

 

まとめ

接続法Ⅱ式についての理解は深まったでしょうか。最後に意味をまとめてみましょう!

接続法Ⅱ式非現実:もし〜だったら、〜なのになあ。
婉曲:より丁寧な表現
後悔・非難:〜すべきだったのに。

いきなり接続法Ⅱ式を作ってと言われると、慣れるまで少し複雑かもしれません。しかし実際に使われるのは紹介した動詞にほぼ限られるので、まずはそちらをマスターしましょう!

 

日頃から、〜だったらなあ…と思うことをドイツ語に訳す意識をするといいかもしれませんね^^

 

 

Vollmondでは老若男女 様々な方がご自身のペースでドイツ語を勉強しています^^

ドイツ語が必要な人もそうでない人も、日本にいる人も海外にいる人も、ひとりでも多くの方がアクセスできるドイツ語教室を私たちは目指しています。ぜひ一緒にドイツ語を勉強しましょう☺︎

Vollmondでドイツ語を学ぶ

 

 

この記事を書いた人:

Kaori

 

 

大学でドイツ語文学部(Germanistik)を専攻、卒業後ドイツで1年間語学留学しました。私もまだまだドイツ語を勉強中ですが、少しでもお役に立てれば嬉しいです。
一緒にドイツ語高めていきましょう♪

 

編集:komachi(Vollmondドイツ語講師)