ドイツ語の「分離動詞」って一体なに?基本の使い方をマスターしよう!

 

 

ドイツ語の勉強頑張ってるんだけどね、急に難しい言葉が出てきて…
なになに?

 

「分離動詞」っていうみたいなんだけど、どうやって使うのかよくわからないんだ
なるほど!じゃあ、使い方を一緒に見ていこう!

 

 

分離動詞ってどんなの?

分離動詞とは、こういった見た目の動詞です。

aufmachen(開ける)

 

実際の文では次のように使われます。

Max macht die Tür auf. (マックスはドアを開ける。)

 

aufmachenという一つの単語が、aufとmacht(machenの三人称単数現在形)とに分かれていますね。

このように、文のメインの動詞として使われるとき(難しく言うと「主文の定形として用いられる」場合)に二つに分離する動詞を、「分離動詞」と呼びます。

 

そして、二つに分離して、文の最後に置かれる部分を「分離前つづり」、動詞として活用する部分を「基礎動詞」と呼びます。

 

aufmachenだったら、aufが「分離前つづり」、machenが「基礎動詞」ってこと?
Ganz genau! (その通り!)

 

なお本記事では、いくつかの辞書にならって分離動詞の不定形を「auf | machen」のように縦線を入れて表記しています。パッと見て分離動詞だとわかりやすいですね◎

 

 

【ちょっと深掘り】

ズバリ!分離動詞はなぜ分離するの!?

⇒最初から一つの動詞として使われていたわけではないからです。

先ほどの例文:Max macht die Tür auf. (マックスはドアを開ける。)でいうと、元々はmacht…auf(~する+開いている)の二語で「開いているようにする」、つまり「開ける」という一つの概念を表していました。次第に、machenとaufの二つの要素がまとめて「一つの動詞」として認識されるようになり、その結果、auf | machenという「分離動詞」となったのです。

はじめから前つづりと基礎動詞がくっついていて、それを分離させていたわけではない、ということです。

 

 

 

分離動詞の基本の使い方

ここからは、実際に文を作ってみながら覚えていきましょう!

 

平叙文

 

おさえよう!基本ルール主語+基礎動詞+(あれば目的語、副詞など)+分離前つづり

 

○ポイント○

①基礎動詞は2番目

②どんなに文が長くなっても、分離前つづりは文末!

 

 

①の「動詞は2番目」は、これまでに習った動詞の基本と同じだ!
そうそう、気を付けるのは②だね
前つづりは後ろに、なんだね!なんだかあべこべだけど、覚えやすいかも!

 

 

○例文○

Ich mache das Licht an. ※an | machen (スイッチを入れる)

私は電気を点ける。

 

Morgen steht meine Mutter ausnahmsweise um halb sechs auf. ※auf | stehen (起床する)

明日、私の母はいつもと違って5時半に起きる。

※ausnahmsweise (例外的に)

 

 

決定疑問文

※JaかNeinで答える疑問文のこと

 

おさえよう!基本ルール基礎動詞+主語+(あれば目的語、副詞など)+分離前つづり+?

 

○ポイント○

①基礎動詞は1番目

②分離前つづりは文末

 

①の「動詞は1番目」は、普通の動詞を使った疑問文と同じだよ
これもまた前つづりは後ろに、なんだね!

 

○例文○

Machst du bitte das Licht an?

電気を点けてくれる?

 

Steht ihr morgen um halb sechs auf?

みんなは明日、5時半に起きるの?

 

 

補足疑問文

疑問詞で始まる疑問文のこと

 

おさえよう!基本ルール

疑問詞+基礎動詞+主語+(あれば目的語、副詞など)+分離前つづり+?

 

 

○ポイント○

①疑問詞、動詞、主語の語順は、普通の補足疑問文と同じ

②分離前つづりはやっぱり文末!

 

○例文○

Warum machst du das Licht schon an?

なんでもう電気を点けるの?

 

Wann stehst du morgen auf?

明日何時に起きるの?

 

分離前つづりって、もしかして絶対に絶対に一番最後に置くの??
ここまでは必ず文末に置いてきたね。ここからはちょっと違う例を見ていくよ~

 

 

副文内で用いる場合

 

おさえよう!基本ルール主文+接続詞+主語+(あれば目的語、副詞など)+分離前つづり×基礎動詞定形

 

○ポイント○

前つづり人称変化させた基礎動詞とをくっつけて、副文の文末に置く

 

「副文の中では動詞が最後」のルールは、ここをチェック!

 

○例文○

Ich warte darauf, dass er das Licht anmacht.

(元の文:Ich warte darauf. / Er macht das Licht an.)

彼が電気を点けるのを待ってるの。

 

Deine Mutter sagt, dass du morgen um halb sechs aufstehst.

(元の文:Deine Mutter sagt. / Du stehst morgen um halb sechs auf.)

お母さんは、君が明日5時半に起きるって言ってるよ。

 

 

副文の文末に置くときは分離しないけど、基礎動詞部分は定形になるのを忘れないでね!
接続詞で繋げる前の元の文と、基礎動詞の形は変わらないんだね
そこがポイントだね!

 

 

 

【レベルアップ】

分離動詞を「zu不定詞」として使う場合には、

分離前つづり+zu+基礎動詞 の形になります。

例文:

Dem kleinen Kind war es nicht möglich, das Licht anzumachen.

その小さな子どもには、電気を点けることはできなかった。

※möglich (可能な)

Um halb sechs aufzustehen ist mir unvorstellbar!

5時半に起きるのなんて、私には考えられない!

※unvorstellbar (想像できないような)

 

zu不定詞の詳しい使い方はここをチェック!^^

 

 

 

 

分離動詞の人称変化

分離動詞は特別だから、やっぱり人称変化も特別なの……?
これは実は、シンプルなんだ!

 

おさえよう!基本ルール基礎動詞部分を、普通の動詞と同じように変化させればOK!

 

「los | fahren(出発する)」の例

基礎動詞部分に注目してみましょう。

 

 

比較してみると、不規則動詞「fahren(乗り物で行く)」と全く同じ変化になっています。

 

 

 

過去分詞の作り方

ドイツ語で過去のことを話すときは、基本的には「現在完了形」を使うことが多いですが、そのときに使うのが「過去分詞」です。

 

おさえよう!基本ルール分離前つづり×基礎動詞の過去分詞

 

○例文○

Du bist schon losgefahren.

君はもう出発している。

これをまた「fahren」の場合と比較してみましょう。

Du bist mit der Bahn gefahren.

君は電車で行った。

 

losgefahrenは分離動詞の過去分詞なので、分離前つづりlosがgefahrenに結合していますが、基礎動詞部分のgefahrenはfahrenの場合と同じ形であることがわかると思います。

 

 

まとめ

今回は、使い方が独特な「分離動詞」の基本を解説しました。

 

覚えよう!①基礎動詞の位置は、普通の動詞を使うときと同じ!

平叙文:第2位

決定疑問文(Ja/Nein疑問文):文頭

補足疑問文(疑問詞疑問文):第2位

②上記のいずれの場合も、分離前つづりは文末!

③副文の中では、副文のルール通り基礎動詞は文末。このとき、前つづりと基礎動詞はくっつけて書く!

 

 

 

分離動詞は日常生活でよく使う動詞にも多いです。実際の文にたくさん触れて、使い方に慣れていきましょう^^

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

 めい

Vollmondドイツ語講師兼ライター。

ドイツの大学で言語学を専攻。卒業後はメーカーの海外窓口業務を経て、翻訳会社にて日英・独日翻訳及び校正を担当。2018年9月よりオンラインドイツ語講師として活動中。

講師紹介ページ:詳しいプロフィールなどはこちらから◎

Instagram:「ドイツ語を可愛く楽しくまじめに」勉強したい人に!わたしの発音もこちらからご確認いただけます。

Twitter:主に語学、ドイツ語、ドイツ留学について書いています。

 

 

One thought on “ドイツ語の「分離動詞」って一体なに?基本の使い方をマスターしよう!

この投稿はコメントできません。