ドイツ語の前置詞総まとめ!

 

前置詞って、mit とか für とか trotz とかたくさんあるよね。

いっぱい種類があって、どう使ったらいいかよく分からないなあ…。

そうだね。じゃあ今日は、前置詞の種類と使い方をまとめて確認していこう!

 

ドイツ語には様々な前置詞があり、1つ1つ個別に覚えようとするととても大変ですよね。

ですが前置詞は、後ろに何格の言葉を取るのかという観点から、4種類の大きなパターンに分けることができるんです!

今回は各パターンの前置詞の種類と使われ方を、豊富な例文と共にまとめました。早速確認していきましょう!

前置詞の基本

では、まずは前置詞の基本をおさえておきましょう!

前置詞とは、名詞や代名詞の前に置いて使われる言葉です。
mit, für など、実際に使ったことのある前置詞も多いのではないでしょうか?

 

例 前置詞+名詞
mit meiner Mutter(私の母親と一緒に)
für meine Mutter(私の母親のために)

例 前置詞+代名詞
mit dir (君と一緒に)
für dich(君のために)

 

上記の例のように、前置詞と名詞、もしくは前置詞と代名詞が組み合わせて使われます。

このときポイントとなるのが、前置詞の後に何格の名詞や代名詞が続くかが、前置詞ごとに決まっている、ということです!

これは、「前置詞の格支配」と呼ばれています。

 

先ほどの例を参考に見ていきましょう。

mit は、3格の名詞・代名詞を取る前置詞です。そのため、後に続く言葉を3格にする必要があります。

(1格)meine Mutter → (3格)meiner Mutter
(1格)du → (3格)dir

 

für は、4格の名詞・代名詞を取る前置詞です。そのため、後に続く言葉は4格にする必要があります。

(1格)meine Mutter → (4格)meine Mutter(※この場合、1格と4格の形は同じです)
(1格)du → (4格)dich

 

前置詞はそれぞれ、2格を取る前置詞3格を取る前置詞4格を取る前置詞、また3格・4格どちらも取ることができる前置詞の、大きく4種類に分けることができます。

ここからは、各パターンの前置詞の種類と、その意味を確認していきましょう!

 

格変化に自信がない方は、以下の記事で振り返ってみてください!

形が変わるのは冠詞だけではなく、名詞の性と格によっては、名詞そのものの形も変化するケースがあるので注意しましょう。

 

また、こちらには人称代名詞の変化表を載せておきます。形を覚えていない…という方は、こちらも併せてチェックしてくださいね◎

 

4格を取る前置詞

durch

〜を通って

私は車でトンネルを通り抜けます
Ich fahre mit dem Auto durch den Tunnel.

その犬は部屋を通っていきます
Der Hund läuft durch das Zimmer.

für

①〜のために

彼女は彼女の家族のために働きます
Sie arbeitet für ihre Familie.

②〜にとって

ドイツ語は私にとって難しい
Deutsch ist für mich schwierig.

〜に賛成して(⇄gegen)

私は君の考え/提案に賛成です
Ich bin für deine Idee. / für deinen Vorschlag.

gegen

①〜に反対して(⇄für)

あなたは私の考え/提案に反対ですか?
Sind Sie gegen meine Idee / gegen meinen Vorschlag?

②+時間:〜時頃に

明日の10時頃時間ある?
Hast du morgen gegen 10 Uhr Zeit?

um

①+時間:〜時に

今日は6時に起きました
Ich bin heute um 6 Uhr aufgestanden.

②〜の周りに

9人の子供がテーブルの周りに座っている
9 Kinder sitzen um den Tisch.

ohne

〜なしに

君がいないと生きていけない
Ohne dich kann ich nicht leben.

bis

〜まで

3月までドイツにいます
Ich bleibe bis März in Deutschland.

駅まで送っていくよ
Ich begleite dich bis zum Bahnhof.

 

bis は少し特殊で、後ろに無冠詞の名詞を取ります。

また、冠詞を入れる場合は例2のように、前置詞句(zum Bahnhof)と一緒に使われることが多いです。

そのままフレーズとして覚えてしまうことをおすすめします◎

 

3格を取る前置詞

bei

①〜のところ/家で(人)

その女子大生は彼女のおばさんの家に住んでます
Die Studentin wohnt bei ihrer Tante.

まだ両親のところ(実家)に住んでるの?
Wohnst du noch bei den Eltern?

②〜の際に

食事の際に彼女はたくさん話します
Bei dem (=Beim)  Essen spricht sie viel.

③〜のそばに

その銀行は郵便局のそばにあります
Die Bank liegt bei der Post.

mit

①〜と一緒に

私は友達と一緒に、ドイツ語を勉強しています
Ich lerne mit meinen Freunden Deutsch.

②〜を使って(手段)

私たちの先生は今日電車で来ます
Unser Lehrer kommt heute mit dem Zug.

nach

①〜へ(国・街)

今週末ドイツへ行くの?
Fliegst du am Wochenende nach Deutschland?

②〜の後で

授業のあと何をする?
Was machst du nach dem Unterricht?

von

①〜から

9時から10時まで家でドイツ語を勉強します
Von 9 bis 10 Uhr lerne ich zu Hause Deutsch.
* von A bis B: AからBまで

私はそれを彼女(ガールフレンド)から聞きました
Ich habe es von meiner Freundin gehört.

②〜の

私の友だちの1人が助けてくれました
Ein Freund von mir hat mir geholfen.

比較: Mein Freund hat mir geholfen. だと「彼氏(ボーイフレンド)が私を助けた」という意味になることがほとんどです。

これが大学の図書館です
Das ist die Bibliothek von der Universität (Uni).

aus

〜から(中から外へ)

私は日本出身です
Ich komme aus Japan.

私たちはコーヒーをカップから飲んでいます
Wir trinken Kaffee aus der Tasse.

zu

①〜へ(建物・人)

彼らはタクシーで中央駅へ行きます
Sie fahren mit dem Taxi zum Hauptbahnhof (Hbf).

いつ郵便局へ行くの?
Wann gehst du zur Post?

最近姉のところへ行きました
In den letzten Tagen bin ich zu meiner Schwester gegangen.

②〜に関して

君のプレゼンに関して3つ質問があります
Ich habe drei Fragen zu deiner Präsentation.

seit

〜以来(ずっと今も)

2年前からフランス語を勉強しています
Seit zwei Jahren lerne ich Französisch.

いつからドイツ語を勉強してるの?
Seit wann lernst du Deutsch?

gegenüber

〜の向かいに

その病院は学校の向かい側にあります
Das Krankenhaus liegt gegenüber der Schule.

außer

〜以外

私以外、全員既婚者だった
Außer mir sind alle verheiratet.

ab

〜から(場所や時間の起点)

火曜日から毎日家で勉強します
Ab Dienstag lerne ich jeden Tag zu Hause.

 

2格を取る前置詞

wegen

〜のせいで(理由)

雨のせいで、外では遊べません
Wegen des Regens kann ich nicht im Freien spielen.

während

〜の間に

休暇の間彼女はオーストリアへ行きたい
Während des Urlaubs möchte sie nach Österreich fliegen.

trotz

〜にも関わらず

霧にも関わらず私の子どもは散歩をしました
Trotz des Nebels hat mein Kind einen Spaziergang gemacht.

statt

〜の代わりに

私のお母さんの代わりに今日は料理をします
Statt meiner Mutter koche ich heute.

友人の代わりに私がその宿題をします
Statt eines Freundes mache ich die Hausaufgaben.

 

3格と4格を取る前置詞

前置詞の中には、3格と4格のどちらも取ることができる前置詞があります。

これらの前置詞は、

  1. 場所を表すときは、3格を取る
  2. 方向を表すときは、4格を取る

という特徴があります。

 

どういうことか、次の例文で確認してみましょう!

3格「〜に」
Ich bin in dem(=im)Zimmer.
私は部屋にいる

4格「〜へ」
Ich gehe in das(=ins)Zimmer.
私は部屋に行く

 

このように同じ前置詞でも、「~に」や「~で」と場所を表すときは3格「~へ」と移動や方向を表すときは4格を取って使われます。

このタイプの前置詞は全部で9種類あります。意味や例文を見ていきましょう!

an

①~に・~へ(接して)

壁に1枚のタペストリーがかかっています(3格)
An der Wand hängt ein Wandteppich.

エマは1枚のタペストリーを壁にかける(4格)
Emma hängt einen Wandteppich an die Wand.

②~のほとり(水辺など)

私の祖母は海辺に住んでいます(3格)
Meine Großmutter wohnt am Meer.

今年の夏、ペーターはアンナと一緒に海へ行きたい(4格)
In diesem Sommer möchte Peter mit Anna ans Meer fahren.

auf

~の上

ボールペンが机の上に置いてある(3格)
Der Kugelschreiber liegt auf dem Tisch.

私はそのボールペンを机の上に置く(4格)
Ich lege den Kugelschreiber auf den Tisch.

hinter

~の後ろ

木の後ろに、1人の女性が立っている(3格)
Eine Frau steht hinter dem Baum.

写真撮影の際、父は私の後ろに立った(4格)
Mein Vater hat sich beim Fotografieren hinter mich gestellt.

in

~の中

講義室の中にはたくさんの学生がいる(3格)
Viele Studenten sind im Hörsaal.

たくさんの学生が講義室の中に入っていく(4格)
Viele Studenten gehen in den Hörsaal.

neben

~の横・隣

駅の隣に、1軒のパン屋がある(3格)
Neben dem Bahnhof gibt es eine Bäckerei.

飼い犬が、私の隣に横になる
Mein Hund legt sich neben mich.(4格)

über

~の上の方(離れたところ)

ソファーの上の方に1枚のタペストリーがかかっています(3格)
Über dem Sofa hängt ein Wandteppich.

エマは1枚のタペストリーをソファーの上の方にかける(4格)
Emma hängt einen Wandteppich über das Sofa.

unter

~の下

車の下で猫が横になっている(3格)
Unter dem Auto liegt die Katze.

その猫は車の下に入っていく(4格)
Die Katze geht unter das Auto.

vor

~の前

そのお墓の前に1人の男性が座っています(3格)
Ein Mann sitzt vor dem Grab.

1人の男性がそのお墓の前に座る(4格)
Ein Mann setzt sich vor das Grab.

zwischen

~の間

父親と母親の間に、娘が座っています(3格)
Zwischen dem Vater und der Mutter sitzt die Tochter.

エラとパウルは机と本棚の間にソファーを置く(4格)
Ella und Paul stellen das Sofa zwischen den Tisch und das Bücherregal.

* zwischen A und B:AとBの間

 

上の例文でも出てきたように、3格と4格のどちらも取ることができる前置詞と、よく一緒に使われる動詞があります。

①前置詞が3格を取る場合(場所)

~に座っている:sitzen
~に(立てて)置いてある、立っている:stehen
~に(横にして)置いてある、横になっている:liegen
~に掛かっている:hängen

②前置詞が4格を取る場合(方向)

~へ座る、置く:setzen
~へ(立てて)置く、立つ:stellen
~へ(横にして)置く、横になる:legen
~へ掛ける:hängen

①と②の動詞を見ると形が似ている(もしくは同じ)ですが、文脈によって「場所なのか?」「方向なのか?」を考え、混同しないように気をつけましょう。

 

まとめ

今回は前置詞の種類とその使われ方を確認しました。最後にまとめで振り返っておきましょう!

覚えよう!
  1. 前置詞は、名詞や代名詞の前に置いて使われる
  2. 前置詞ごとに、後ろに何格の名詞や代名詞が続くかが異なる
  3. 前置詞には、2格を取るもの、3格を取るもの、4格を取るもの、3格・4格を取るものがある

 

前置詞の種類やそれぞれの使い方が分かったら、今度は実際に使ってみることが大切です。

Vollmondのプライベートコース・会話コース・テキストコースで、前置詞を使った会話や作文をしてみませんか?^^

 

執筆:komachi(Vollmondドイツ語講師)
編集:kosuzu(Vollmondドイツ語講師)
内容・表現チェック:nico(Vollmondドイツ語講師)